NSXの掲示板

NSX関連の掲示板です。
特に限定しませんが主にNSX関連の話題が中心です。
なお、画像は1枚300KB×10枚までで掲載できます。
暗証番号により掲載内容を簡単に修正できるので
お気に入りの写真をアップしてみてください。
名前
Eメール
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文 改行 無効 有効
タグ 無効(URLの自動リンク有効) 一部のタグ有効

ヘルプ
添付画像
ファイル
設定保存   
[最新の状態] [ホームページへ]


全468件 ( 24ページ )    ページ[ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 .. 最後 | ]
ドリ練 引用
2019/4/12 (金) 22:17:59 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1555075079

一昨日のFISCOドリ練にご参加の方々
お疲れ様でした。

それにしても
雪に降られるとは思わなかったですねぇ。

前日は
風は強いけど天気良かったのに
4月10日の予報は雪・・とのことで
ホントかよ・・と思ったら

ジムカーナ場について準備していると
どんどん雪が酷くなって積雪で5センチ近い・・

数年前の北海道ツーリングを思い出すけど
湿度高くて重たいシャーベットで

ある意味
すごく良い練習になりました。

なにせリアがグリップしないから
ちょっとでもラフにアクセルワークするとすぐスピンしちゃうから
フロントが逃げないように
リアがフロントを追い越さないように
慎重にコントロールの練習。

狙ってもなかなか出来ない練習でしたねぇ

で、午後になって雨に変わり
こんどはヘビーウェットでの練習。
これは実に有意義。

2速で簡単にホイルスピンするし
これをコントロールしつつ定常円旋回。

帰る頃には普通に雨の状態だったから
不安も無く
けっこう楽しい1日でした。

次回は10月頃 出来れば週末に開催計画しています。

できれば
機械式LSDを組んだ多くの方々に
NSXを振り回す楽しみを経験して欲しいと思うんですねぇ。

スライドコントロール練習会 引用
2019/4/8 (月) 12:21:17 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1554693677

明後日の水曜は
予定通りFISCOジムカーナ場でドリ練やります。

ちょっと天気が微妙なんだけど

降ったら降ったで
ウェット路面でNSXがどんな動きをするのか
こんなにもフロントが逃げるのか・・など
貴重な経験が出来たりします。

ちなみに今回は
キャンセルが出たりして
参加枠がちょっと余ってます。
なので当日参加も可能かと思うのと

あと
体験同乗とか見物歓迎です。

雨漏り 引用
2019/4/7 (日) 18:49:30 - 転勤族 <メール送信> - 139.163.247.202.cyberhome.jp [202.247.163.139] - No.1554630470

平成3年式のアキュラNSXの5Fマニュアルです。
小雨なら問題ないのですが、大雨や台風があると必ず運転席(左側、国産NSXだと助手席側)のフロアカーペット下に水が大量に溜まります(駐車状態で)。7年前に中古で購入時からです。当然カーペットを水が浸透してくるのですごい時はシート裏側まで水が溜まる状況です(酷い時はコップで掬えるくらい水が溜まります)。車は普通に青空駐車です(カバーも掛けてません)。

なので翌日は車内の内窓ガラスが結露だらけになるので車内の水除去(ウエスに水を染み込ませて回収を繰り返す、乾かすまでは無理なので内窓ガラスは数日間結露します)とフロアマット干し(フロアカーペットまでは剥がしてません、労力が大変なので)が必要になります。

定番のフロントガラスの再コーキング(フロントガラスを外して)を行いましたが一向に改善されません。修理した某NSXに強いショップ様もお手上げ状態とのことです。

他に原因として何が考えられるかどなたかご教授願えたら幸いです。
その他特徴として、
・車のボンネットはFRPの穴空きタイプです(02Rタイプではなくロータスエリーゼみたいにラジエターすぐ後ろに2個開いているタイプ)。
・助手席側(国産NSXでは運転席側)は濡れない。
・給油口開閉スイッチがある側面側のフロアカーペットは濡れてない。
・アクセルやブレーキペダル下のフロアカーペットのみ濡れていることが多い。
・駐車状態でも濡れることから少なくともフロア真下からの侵入は考え難い?
・上記のことからこれら水の侵入源はエンジンルーム側の可能性?

車検 引用
2019/4/2 (火) 16:55:22 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1554191722

昨日
TYIZ号の車検を通してきました。

3月末で切れたんだけど
3月中は陸自が大混雑するから
仮ナンバー借りて4月1日に継続をしてきた次第。

ちなみに
100セルのメタル触媒でC32B換装のE-NA1改を通すのは初めてで
もちろん無事にパス。

検査ラインを通してから事務所で手続きを行っている頃
新年号の「令和」が公開されたところで

あれ?車検証どうなるのかな? と思ったら
4月いっぱいは平成で5月1日から令和になるんだそうです。

そういえば5月1日から施行という話しだったよな・・

初年度登録も平成だし混乱しなくて良いけど

来月から車検証の有効期限も令和になるんだそうです。

そんなわけで
NSXの生産された平成が終わろうとしています。

昭和のクルマ・・と言うともの凄く古く感じたモノだけど
平成初期のクルマ・・なんてのも
とんでも無いクラシックカーと呼ばれる時代が来るんでしょうかねぇ。

でも、クルマが劇的に進化して一番面白かった時代は
やっぱり平成初期だったんだと思うんですよね。

純正プラグ 引用
2019/4/2 (火) 16:36:14 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1554190474

プラグはですねぇ・・

私にこれを語らせると
「純正にしておこう!」と言うことになります。

まず、プラグに求められるのは
確実な着火性と耐久性なわけですが

純正のプラチナプラグは
もう、NSXのエンジンが求める性能を
必要十分以上にクリアしていると思うから

仮に、
どんな高性能なプラグを使ったところで
エンジン性能上おそらくメリットが無いと言うことです。

着火性能に関して
燃焼温度が低いNAで常用回転数が低いNSXでは
プラグに対してそれほど過酷な要求が無いわけで
それにダイレクトイグニッションを組み合わせているんだから
プラグはかなり楽をしています。

耐久性に関して
純正のプラチナプラグは驚異的で
10万キロ無交換はホントに達成出来ると思うし

実際
新車生産から30年近く経過して
走行距離で10万キロ近辺で
プラグなんか一度も交換してない車輌も多々あると思う。

エンジン降ろしメンテナンスで
長距離を走り続けたエンジンのプラグを外してみても
驚くほど電極は消耗していない。

上の写真は5万キロ強くらいの走行距離だけど
目視はもちろん拡大写真でも電極の消耗は見えない。

じゃあ、交換せずにずっと使えるのか?と言えば
たぶん 電極は30万キロだって消耗せず走れるだろうけど
金属とガイシの隙間から
燃焼ガスのリークが始まってくるんですよね。


良い機会だからプラグの中身を紹介します。

スパークプラグは
セラミックガイシと鉄部品を組み合わせてあるわけですが
中心電極を圧入したセラミックガイシ部品を
ネジを切ったアース側電極部品に差し込んで
プレスでカシメて組み立ててある。

だから
カシメてある部分を旋盤で削り取れば
セラミック部分はスルッと抜けてくるわけです。

セラミックガイシは
ほぼ熱膨張が無いけど鉄は僅かに太るわけで
高温状態で
中心電極とガイシの隙間は開かないけど
ねじ部品とガイシの隙間は広がるから
カシメが緩んでくると燃焼ガスが吹き抜け始めるわけです

燃焼ガスが吹き抜けると言っても僅かな量だし
それが、イグニッションコイルに悪影響を及ぼすかと言えば
まあ、何とも言えないけれど
ガスの吹き抜けが良いことではないのは確かでしょう。

だから
NSXでプラグの交換時期は・・と訊かれると
吹き抜けが多くなったら交換かなぁ・・
と答えるようにしています。

それは走行距離で言うと?となると
だいたい5万キロくらいでしょうかねぇ。
でも、ホントはまだまだ使えると思います。


市販のイリジウムプラグに関して
最近の製品は使ったことが無いんだけれど

中心電極に融点の高い 極細のイリジウム電極を使って
着火性の高さをウリにしているんだけど

初期の製品では
中心電極はイリジウムだけど
アース側のブリッジは一般的なプラグと同じ造りで
中心電極は減らないけどブリッジ側がどんどん消耗しちゃいました。

だからプラグとしての寿命は一般品と同じでした

これに対して純正のプラチナプラグは
アース電極側にもプラチナらしきモノが埋め込まれていて
これのおかげでホントに消耗が少ないわけで

だから
10万キロ寿命・・とかが実現しているんだと思う。




熱価に関して。

NSXの標準プラグはPFR6G-11で6番。

レブリミットこそ8000rpmと高いけど
実はNSXのエンジンは中低速型で
ノンターボだし燃焼温度は低い。

プラグの熱価は
燃焼温度とエンジン回転数を基準に考えます。

4サイクルだからエンジン2回転に一度燃焼行程があるわけで
排気&吸気行程でプラグは冷えて圧縮燃焼行程で再び温度は上がる。

この時
プラグの中心電極付近のガイシの温度が500度近辺に上がってくれると
表面のカーボンが焼き切れてクリーンな状態を保てるんだそうです。

温度が上がらない状態が続くと
プラグが燻ってきて点火不調を起こしやすくなり
それが続けばピストンや燃焼室にカーボンが堆積していく。

安定した着火を行うためには
プラグは常に焼けていることが重要なわけです

それが
二昔前に「ベストなプラグはキツネ色に焼けてる・・」
とか言われた状態なんでしょう。

コンピュータ制御で高度に燃料供給が行われるようになってから
熱価が高すぎてプラグが真っ黒・・なんてことは
まず起きなくなったけれど

それでも
プラグというのは500度近辺の温度が必要なわけで
必要以上に熱価を上げるというのは
プラグの温度が上がらなくなるわけだから
カーボンが堆積しやすいし着火性が落ちるし
百害あって一利なし・・と言うことになります。


NSXに関しては
6番で焼けすぎになるほど
高回転高負荷を維持出来る人はいないでしょうし
うちでは
サーキットを連続全開するお客さんも
みんな純正の6番を使っていて

それで純正プラグがトラブルを起こしたことはありません。

逆に
常用回転数が低くなるAT車で
ストリート走行をメインにするなら
1つ番手を落として PFR5G-11を選ぶのも良いと思います。
私がAT車に乗っていたらたぶん5番を使います。

おそらくその方が
燃焼室がクリーンな状態が保たれると思うから。

燃焼温度が極端に上がるターボチューンでも行えば
8番を使うかな・・
でも、負荷が少ない走行では温度が上がらず
プラグのカーボンが堆積しやすいだろうから
早期のプラグメンテナンスが必要になるでしょうね。


プラグって
燃焼室の混合気に着火させるのが仕事で
エンジンの出力は無関係です。
同じガソリンという燃料に火を付けるワケだから
ターボで過給して高温燃焼して高回転常用する軽自動車のプラグは
実はNSXより過酷なんだと思います。

あと
レシプロの2サイクルとロータリーエンジンは
点火の回数が4サイクルの倍で
同じエンジン回転数でも
燃焼から次の燃焼までの時間が半分なので
プラグの冷えている時間が短いので
8番とか熱価の高いプラグを使うんでしょうね。


と、言うわけで
純正プラグは非常に優秀であり
熱価を上げるデメリットもあるので
PFR6G-11がベストなんだと思うんですよね。

イリジウムプラグ 引用
2019/3/31 (日) 20:11:18 - NA1AT <メール送信> - fpa056c965.sigj602.ap.nuro.jp [160.86.201.101] - No.1554030619

教えていただけるとありがたいです。
NGKのプレミアムRX BKR6ERX-PSを装着しようと思っています。
使用車両はH2年式AT車でツーリングのみ使用です。
そこで気になる点は
@BKR6ERX−PSは使用可能でしょうか?
Aプラグ頭部の穴にはハンダを流し込んで使用しても大丈夫でしょうか?
以上、宜しくお願い致します。

超音波洗浄機 引用
2019/3/28 (木) 11:47:47 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1553741268

先日
スナップオンの超音波洗浄機を導入しました。

エンジン関連の整備作業が増えてくると
部品の洗浄に時間がかかるのが問題で

いままでは
分解したら
大まかなオイル分は洗い油で洗浄し
シリンダーヘッドやピストンのカーボンは
剥離剤と水洗で地道に落としていました。

なかでも
排気バルブのカーボンは強烈で
薬品では除去出来ないから
ボール盤にバルブをくわえて回しながら
紙やすりで可能な限り除去するしか方法が無かったんです。

まあ、全て部品を新品にして良いなら話は早いんだけど
壊れていない部品を交換するのもね。

この超音波洗浄機は
NSXのシリンダーヘッドがギリギリ入る大きさで
ヘッドを洗浄液に水没させて電源を入れると
みるみるカーボンが落ちていく・・
アルミに染みついている黄ばみもどんどん落ちる・・
こりゃスゲェ・・ どういう理屈だ??

じゃあ、最強難易度の
排気バルブはどうだ??????と試してみると
内蔵ヒーターで洗浄液の温度を上げつつ丸1日洗浄してみると

あの石のように強烈なカーボンがほとんど落ちていて驚く。

この手の洗浄機は基本的に
ステンレスの網籠に洗浄物を入れて使うんだけど

吸排気バルブはヘッドの元の位置に組まなきゃならないから
位置を決めて洗浄する必要があるわけで
バルブを洗浄するためのハンガー治具を作ってみた。

傘を下に吊す構造にして
コッターの溝を松葉ピンで咥えてステンレス製のハンガーに吊す。

うん、我ながら良い出来の治具だ。
俺 この手の治具を考えるの大好き。

排気バルブのカーボンは最強なので
丸1日洗浄してみて
ほぼカーボンが落ちていた。

シリンダーヘッドは半日くらいだったかな・・

洗浄に時間はかかるけれど
放置しておけば人が洗うより細部までキレイになるわけで
その間 違う仕事が出来るんだから
これはなかなか素晴らしいマシンだ。

でも、機械を買うだけじゃあ使いにくさもあるから
こうして、洗浄したい対象を固定する治具が必要なわけだ。

引き続き
エンジン内部部品の洗浄用の治具でも作ってやれば
もっと効率よくなるだろうな。

B級グルメと雑談の部屋 引用
2019/3/24 (日) 20:28:20 - - 27-140-112-204.rev.home.ne.jp [27.140.112.204] - No.1553426900

NSXと違う内容で大変恐縮です。。。

表題の「B級グルメと雑談の部屋」ですが、
グルメや旅、カメラ等の比較的ゆるいテーマに癒されてきました。
が、この半年はページがエラーとなってしまっています。

いつかは復活するだろうと待っておりましたが、
状況は変わらずなので、自分の閲覧環境に起因するものか、と思い始めています。
本業でお忙しいところ申し訳ありませんが、状況をお教えいただけますか?

なお、この内容が不適切でしたら、削除いただいても結構です。

続・メーター修理・・ 引用
2019/3/23 (土) 15:58:48 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1553324328

メーター修理依頼は
件数のペースが落ちたけど
それでも定期的に依頼があって
先日
ディーラーさんから届いたのが
通算で315台目。

ホンダディーラーさんからの修理依頼で
2セット送られてきた。

1台は走行中時々スピードメーターが落ちる・・
もう1台は球切れ警告灯問題と
スピードメーターのエラーが大きい。

1台目の方は
走行距離が2万キロ代で非常に程度が良いんだけど
ディーラーさんで預かってチェックしていたら
どうやら、雨上がりの湿度が高い日に
時々スピードメーターが動かなくなるとのこと。
ほう。ディーラーさん 良くそこに気付いたな。

原因は
電解コンデンサーから漏れた電解液が
抵抗の下に溜まってそこにホコリが重なり
さらに湿度が含まれたとき 抵抗値が急激に下がってしまって
ショート状態になるからメーターが駆動されなくなる。
これがもうちょっと進行すると
トランジスタが焼けます。

スピードメーターを基板単体に組んで
通電状態で基板に吐息を吹きかけてみると
針がストンと落ちてしばらくすると復帰する。

症状と原因が分かれば
問題部の部品を外して基板清掃して部品を再実装

その他の故障頻度が多いところも全て予防対処して
ケースは洗浄して
組み立てて補正。

で、完了。

もう1台は
スピードエラーと警告灯問題。

こちらは走行距離で13万キロで内部の汚れも激しいから
清掃のしがいがある。。

スピードメーターが実速よりも遅く表示する・・というのは
けっこう多い事例で
今回のメーターは
40キロ信号で30キロ表示
180キロ信号で110キロくらいを示していた。
これは原因が分かっているし対処法も確立しているから
問題なく修理対応。

警告灯問題は
キーONでワーニングが全点灯して数秒で消灯するんだけど
これがなかなか消えなくて
実際 ブレーキランプが切れている信号を入れても警告灯が点かない。
これは
警告灯モジュールが壊れているんですよね。
このハイブリッドICは2年半ほど前にT3で作っているから
基板補修してから部品交換して対処。

あと、電圧計が異常に高い値を示すからチェックして・・
と言う依頼だったけど

検証すると
逆に実電圧より低く表示している状態だった。

これは
電圧計に仕込まれている補正マグネットが
接着が剥がれて位置がズレるためで

メーターを外して仰向けにテーブルに置くと
マグネットが奥に滑り込むから表示が高くなり
輸送中の振動などでマグネットが手前に出てくると表示は低くなる。

このトラブルもスゴく多く
クルマからメーターAssyを外して乱暴に扱ったりすると
電圧計がズレてしまう。
だからメーター修理を依頼された場合
全数チェックと補正を行っています。

正確に12Vを出せる電源装置に繋いで
マグネット位置を決めて接着固定すればOK。
これは機材さえ有れば簡単。

そんなわけで
メーター修理に関しては
お馴染みのお客さんはほとんど完了して
ディーラーさんや中古車さんからの修理依頼が続いています。

それにしても通算で315台か。
我ながら良く治したよなぁ・・

内装リフレッシュなど。 引用
2019/3/23 (土) 15:54:26 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1553324066

NSXの内装部品は
ダッシュボード以外はだいたい新品購入が出来るので
経年老化した内装を交換リフレッシュする依頼が時々入ります。

車内をバラバラにして
大掃除して
エアコンのヒーターユニットを交換し
フロアカーペットを新品交換してやると
そりゃもお新車気分に戻ります。

あと
キーシリンダーセットを丸々交換する作業も
良く依頼されます。
作業はちょっと面倒なんだけど
新品でキーも付いてくるし

長年乗ってきて
もう、手放すつもりも無いし
この辺でリフレッシュしておけば
当分は快適に楽しめるだろうと考える人もいれば

欲しかったNSXをやっと購入して
大事にするぞ!とリフレッシュする依頼もある。

それにしても
白のカーペットは新品交換すると素晴らしく気分が良い。
土足禁止にしたくなるくらいですねぇ
まあ、こういう機会にグレーや黒にしちゃうのもアリだろうけど
黒だって
目立たないだけで実はスゲェ汚れてるわけだから
新品はやっぱり気分が良い。

内装部品も
永続的に供給してくれれば良いんだけど
走行性能に直結しないから
今後
供給が不安定になる気がするんですよね。

ABS警告灯点灯の怪 引用
2019/3/21 (木) 13:22:24 - momotan <fukuna3333@ybb.ne.jp> - softbank126140249063.bbtec.net [126.140.249.63] - No.1553142144

いつもこの掲示板を参照させて頂いています。
97年式NSX(na2)type-s、23万km走行に乗っています。
最近おかしな事が起きるので考えられる事があればご教示願いたく投稿しました。

おかしな現象とは、
私は夜間乗らないのでライトは点けない方ですが、先日トンネル走行時にライトを点けた
ところ、ABS警告灯が瞬間点灯し約1秒で消灯しました、ライトの点灯は問題なく、おかしいなと思いましたが走行自体は問題有りませんでした。
そこで再現するのかと思い走行中にライトを点けると約70%再現します。
又、ライトではなくパッシング操作をした時も同じようにABS警告灯が瞬間点灯します。
様は、何らかのライト点灯操作をした時にABS警告灯が瞬間点灯する様に思われます。
車を止めてアイドリング状態でライトを点灯しABS警告灯が瞬間点灯する状況になると
一瞬回転が落ちてバッテリーチャージ警告灯が点灯しそうになります。
この事からバッテリーの充電系統にトラブルが有るのかと考えていますがABS警告灯の点灯との関係は不明です。

何か考えられる事、チェックすべき事が有ればご教示願います。

尚、バッテリーは4年使用、メインリレーは交換済み、オルタネーターは交換してません。

以上


シャットダウンについて 引用
2019/3/20 (水) 08:18:18 - とよ - p256090-ipngn200302daianjibetu.nara.ocn.ne.jp [153.133.42.90] - No.1553037498

いつも楽しく拝見させて頂いております。
お教え頂きたい事があります。

当方、LA-NA2なのですがセルを回しエンジンをかけようとすると
その瞬間に全ての電源が落ちます。室内灯など全ての電源が落ちたままになります。
その後はイグニッションを回しても、全ての電源が落ちたまま復旧しません。

仕方がないので、バッテリーのマイナス端子を外して
再度、接続すると何事も無かったように、元に戻ります。
それを数回繰り返すと、普通にセルが回ってエンジンがかかります。
走行中は電圧も安定し、ストールしたり、電源が落ちる事はありません。

外出先でも、そのような事もあり困ったので、
運転席後ろのメインリレーassy、パワーリレー2つ、ステアリングスイッチassy、
エンジンルームのフェールポンプレジスターassyを交換しましたが、
症状改善しませんでした。

あとは、セルモーターかと思うのですが、
セルの不具合で全ての電源が落ちる事ってあるのでしょうか?
いきなりシャットダウンし 全ての電源が落ちるので、
車にも良くないのではと危惧しています。

お忙しい所、誠に申し訳ありませんが、お教え頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。




排気系 引用
2019/3/7 (木) 18:02:05 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1551949325

エキマニ、触媒 と作ってきて
マフラーが遅れ気味だけど進行中。

レイアウトが決まって
治具の修正がもう一回必要で
サイレンサー内部を変更した物をもう1本作って
結果が良い方を採用して量産する予定です。

基本レイアウトは
フロントバンクの触媒を反転させて
リアバンクと集合
これを2個のサイレンサーに振り分けてテールへ導く
過去に何度もワンオフで作ってきたTYIZ方式の最終形。

NSXのマフラーは
前後バンクの排気を混ぜて
必要最小限の配管口径で必要充分な長さを走らせることで
中低速トルクの向上と高回転の抜けの良さ
なにより
揃った排気音が得られるんです

今回は
集合前がφ50で集合後φ60
それを2個のサイレンサーに振り分け

φ60のパイプ1本に集合させるというのが
一見 細いのか・・と思うかも知れないけど
この太さで 
チューンドC32Bのダイナパック計測で
300馬力を軽くクリアするんだから
(ローラーダイナモ計測なら350馬力オーバー)
実は十分なんです。

テールは
内カールの美観が良い奴にしました。

そんなわけで
もう一本試作を作って比較するんですが
平行して左1本だしのマフラーも試作します。
私は左右出しが好きなんだけど
シンプルに性能と排気音を求めていくと
左1本になっていくんですよね。

なので
T3オリジナルマフラーは
このレイアウトの2本出しタイプと
左1本の
2種類を設定する予定です。



車検で入庫のKooさんが
O2センサーが壊れたから一緒にエキマニも交換する!
と言う依頼でエキマニ交換。

まあ、エキマニ交換は必須じゃあ無いんだけど
実は
排気系でパワーアップに最も影響するのがエキマニです。
O2センサーついでにエキマニ交換するのも良いでしょう。。
排気音変わるし高回転が断然良く回るようになるし
たぶん
ちょっと感動出来ます。

>Kooさん
車輌に組み込んじゃうと自分で見えなくなっちゃうから
写真を残しておきますね。


あらためて紹介しようと思いますが
先日
触媒のテストをやってみました。
手元にあった何種類かの触媒を使って
ダイナパックで計測してみたんだけど
結論 ストレートパイプと100セルがほぼ同じで
200セルも意外に差が無かった・・と言う感じでした。
もっと大きな差になると思ったんですけどね
予想通りと意外な結果が得られて面白かったです。

エンジンエンジン・・ 引用
2019/3/4 (月) 12:12:43 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1551669163

現在
軽作業の依頼がほとんど終わって
エンジンを分解するような重作業が重なってる。

先日のオイルポンプバラバラ事件に続き
もう1台
エンジンが不動になったNA1・Rの修理。
このType-Rは
10年以上前にC32B換装して構造変更してある車輌なんだけど
オーナーが
長期間の海外出張で数年間乗れなくて
久しぶりにエンジンをかけて走行したところ
異音の発生と共にエンジンが止まってしまった・・ということ。

陸送で入庫した車輌をチェックすると
エアコンのコンプレッサーを駆動しているベルトが切れている。
しかも、運が悪いことに
クランクプーリーとタイミングベルトカバーの間に巻き込まれている・・

どうやら
エアコンベルトのテンショナープーリーが固着ロックしたようで
それが原因でベルトが切れたようで
これ自体は
NSXでは時々あるトラブルなんだけど
ものすごく運が悪く
切れたベルトがクランクプーリーに巻き込まれてしまったようだ。

それでエンジンが止まったとなると
タイミングベルトがコマ飛びしたんだろうなぁ・・と予想して
エンジンを降ろしてみると

プーリーの奥からグチャグチャに絡まったエアコンベルトが出てきて
タイミングベルトカバーに大穴が空いて
カバーの破片がタイミングプーリーとベルトの間に挟まっている・・

こりゃあタイミングベルトも飛ぶだろうな・・

問題はどこまでダメージが及んでいるかだな・・と
エンジンを分解してみると

バルブとピストンは大当たりしたようで
特に吸気バルブは大きく曲がっていて
バルブシートから浮いてる・・

オーバーレブのサージングでバルブとピストンが当たっても
こんなには曲がらないから
これは
過去最大のバルブ変形かと思われます。

だけど街乗りでエンジン回転が低い状態でのトラブルだから
バルブは壊滅的だけど
ピストンなどのダメージは無さそうだから
ヘッドのOHで修理出来そうで一安心。

いままで
エアコンのテンショナープーリーが老化して固着して
エアコンベルトが切れた・・と言うトラブルは何度も見たけど
これは運が悪い事例です。。
対策としては
テンショナープーリー
https://www.nsxnet.com/parts_detail.php?pid=2033&period=1&cataid=141&catanum=15
の定期交換しかないんですよね。

このプーリーは
グリス封入型のベアリングで潤滑しているわけで
一度も交換していなければ
数十年前のグリスで潤滑しているわけだから
そろそろ
トラブルが多発してくる可能性があるのかもしれない。

ちなみに、もし
クランクプーリープロテクターを付けていたら・・
https://www.nsxnet.com/parts_detail.php?pid=8650
プーリーとカバーの隙間にベルトは巻き込まれなかった・・かもしれない。

このプロテクターは
クランクプーリーのウェイト外れによる
エンジンのダメージ防止のために作ったんだけど
こういう二次的メリットもあるのかも知れないな。

近況 引用
2019/3/4 (月) 12:09:28 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1551668968

こんにちは、TYIZです。

1月末は
満車状態だったファクトリーですが
納車が進んで
久しぶりに屋内がガラガラ

今年は車検の外れ年だから
大混雑は無いのかも知れない。

どういうわけか
年明け早々
パワーウィンドウ整備依頼が続いていて
5台ほどフル分解整備をしました。

パワーウィンドウの分解整備は
いまのところ私の担当なので
来客が無い平日に
地味〜にやってるんだけど
最近は
片側を分解して
反対ドアを分解するタイミングで
女性スタッフがドアに残った
ブチルゴムの除去とか掃除を手伝ってくれるので
非常に助かってます。

NSXというクルマは
個体差が大きく
パワーウィンドウの整備は
調整が多すぎて
あちらを立てればこちらが立たず・・と言うヤツで
ベストポイントというのが無いから
ガラスの位置と傾きを調整しては動作確認・・を
何度も繰り返して良いところに追い込んでいきます。

時には新品部品を
削り込んで修正しないと調整しきれないこともある。

部品の寸法精度で
組めるようにしか組めないクラッチ交換などに比べると
実はかなり厄介なのがパワーウィンドウ作業なんですねぇ。

部品代は高いし
作業にも時間はかかるんだけど
ガラスの動作がどうしようも無く重くなってるNSXは多く
いつかは
バッチリと整備の手を入れるしか無いんですよね。

やっちゃあいけないのは
特に助手席側で
なかなかガラスが上がってこないから
頑張れ〜・・と心で念じながら
動作が重い状態でスイッチを上げ続けること。。

これをやると
過電流が流れ続けて
ダッシュボード奥にある配線の中継部が焼けて
ガラスが上がらなくなっちゃって
修理が面倒なことになります。

4年 引用
2019/3/1 (金) 19:45:44 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1551437144

2019年3月1日
今日でT3TECを開業して4年が経ちました。

来年は5周年だから
もしかしたら
もう少し盛大にイベントにでもしようかと思ってますが
今回は
スタッフだけでちょっとだけお祝い。


2018年で
目立ったことと言えば
nsxnet.comが稼動開始したことと
ダイナパックを導入したことだったかな。

nsxnetは
NSXの純正部品品番と価格
それに
T3TECでストックした在庫を
Webから検索出来るシステムとして運営していますが
多くの業者さんとユーザーさんに
便利に使っていただいています。

エンジン、ミッション、ブレーキなどの整備に関して
定番で作業を行う交換部品に関しては
ファクトリー上の倉庫に
だいたい
必要充分なストックを確保したけれど

外装など
まだまだ欲しい部品は多く
今後
もしかしたら別に倉庫を借りる必要が出てくるのかも知れない。

この、潤沢な自社在庫があるからこそ
緊急の修理や
イレギュラーなトラブルの発生にも即対応出来る環境が出来てきました。

ダイナパックは
いまのところ稼働率は低いけどものすごく便利で安全。
これを使ったら
無負荷のローラー式ダイナモには戻れない。
なにせ
アクセル全開のままエンジン回転数を任意の値で固定出来るんだから
きめ細かいセッティングが安全確実に行える。

ファクトリー運営としては順調だけど
商品開発が遅れ気味でねぇ・・
アイデアと
やってみたいことと作ってみたい物はリストアップしてあるんだけど
なにせ
私の手が空かない・・

現在T3TECは
メカニック3人+私。
津久井ちゃんを含めて女性陣が3人の
7人体制で運営していますが
整備業と開発業と販売部のnsxnetを動かすには
やっぱり人手不足。

メカニックがもう2人ほどいてくれれば
渋滞気味の作業も順調に流れるだろうし
私は作業現場を離れて
色々実験チャレンジとかに没頭出来るんですけどね。

そんなわけで
メカニック募集中なので
興味がある方 是非お問い合わせください。


T3TECを開業し
NSXという旧車を扱う工房を造るなんて
果たしてどのくらいの需要があるのか不安もあったけど

コアなファンは多いのと
経年老化に伴う重整備の依頼や
ディーラーで面倒を見切れなくなっている状況もあり
整備を依頼出来る業者を探しているユーザーは多いわけで

さらにホンダとしては2040年までは
NSXの性能維持部品に関して供給する方向を打ち出したり
様々な追い風もあって
整備作業依頼は増加の一途になっています。


時代がエコと安全 そして自動運転を追求している現代
趣味として満足出来て
純粋に運転を楽しめるクルマって
今後
なかなか生まれてこないと思うんですよね。

だからこそ
誕生から30年近くも経った今の時代になって
やっと評価されているのがNSXというワケなんだと思う。

T3TECとしては
NSXの整備やチューニングをメインとしながら
余興でS660で色々実験とか
最近のクルマの探求とかもやってみたいし
商品部も拡充していきたいと思っていますが

人手不足の状態では
なかなかNSX以外に手が回らない状況が続くんでしょうねぇ。

そんなわけで
開業から4年が経ちました。
これまで順調に成長してこられているのも
支えてくれるお客さん達のおかげです。
今後とも
よろしくお願いいたします。

メインリレー交換後カチカチ音 引用
2019/2/25 (月) 20:20:28 - hiro <hiro110@wondernet.ne.jp> - pw126233098094.20.panda-world.ne.jp [126.233.98.94] - No.1551089555

先日はエンジンストールの件で色々と教えていただきありがとうございました。
早速メインリレーを交換し、長距離を含め試走しましたが問題なく走れています。


メインリレー交換後、アクセルを踏み込んだ時にメインリレー?からか、カチっという音が聞こえてきます。踏み込み量が多いとするようです。
気のせいかなと思ってたのですが気になって。こういったことあるでしょうか?
お手数をおかけしますが、アドバイスをいただけたら助かります。

この掲示板は、本当にいろいろな情報が掲載されてるので勉強になります。

掲示板から感名をうけまして先日Dea Deeさんにて、御社のエキマニとキャタライザーを頼ませていただきました。
取付を楽しみにしています。

マフラーはいつ頃発売でしょうか?
こちらは、エキマニメタキャタとセットで車検は通りますか?

いくつも質問ですいません。よろしくお願いします。



K&N湿式エアクリーナーについて 引用
2019/2/25 (月) 10:57:31 - 渡辺恵二 <seiwa_2015@yahoo.co.jp> - KD113150244153.ppp-bb.dion.ne.jp [113.150.244.153] - No.1551059851

お忙しいところ恐縮ですが、純正からK&Nの湿式砲弾型のエアクリーナーに交換したところ、ATのギアを入れてすぐにエンストしてしまいます。H5年初期型NA1ですが、何か対処法はあるのでしょうか?よろしくお願いします。

エアコンのヒーターユニット 引用
2019/2/18 (月) 15:08:44 - たま - om126234116012.16.openmobile.ne.jp [126.234.116.12] - No.1550470124

こんにちは。
初期NSXに乗ってるのですが、エアコンの風が真ん中の通風口からは出ず、左右からしか出なくなりました。ディーラーに見せたら、ヒーターユニット?というのが交換必要らしいのですが、この部品は手に入るものでしょうか?

ドリ練やります! 引用
2019/2/18 (月) 13:50:11 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1550465411

4月10日水曜 FISCOジムカーナ場で
スライドコントロール練習会を行います。

nsxnetで参加申し込みを受け付けていますので
https://www.nsxnet.com/parts_detail.php?pid=9739
参加希望の方 是非!

今回も
定常円旋回の練習から
パイロンで作った仮設コース走行まで
1日 じっくり練習出来るようなプランで考えています。

機械式LSDを組んだNSXがどんなに面白いかを体感しつつ
自分がどこまでこのクルマをコントロール出来ているのか
広いジムカーナ場で
思い切り振り回してみるのは実に爽快です。

見物歓迎で
ヘルメットを持参すれば
同乗体験OKです。

全 468 件    ページ[ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 .. 最後 | ] 上へ


MiniBBS-EX 2.00