NSXの掲示板

NSX関連の掲示板です。
特に限定しませんが主にNSX関連の話題が中心です。
なお、画像は1枚300KB×10枚までで掲載できます。
暗証番号により掲載内容を簡単に修正できるので
お気に入りの写真をアップしてみてください。
名前
Eメール
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文 改行 無効 有効
タグ 無効(URLの自動リンク有効) 一部のタグ有効

ヘルプ
添付画像
ファイル
設定保存   
[最新の状態] [ホームページへ]


全315件 ( 16ページ )    ページ[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 .. 最後 | ]
重整備について 引用
2018/4/21 (土) 13:45:15 - 浜松Type-T <メール送信> - 49.253.79.243.eo.eaccess.ne.jp [49.253.79.243] - No.1524285915

2018/4/17重整備お世話になりましたを見ました。自分も重整備を検討しています。
そこで、エンジン作業フルメンテ・AT・パワステラックのO/Hサスペンション・ドラシャ交換をすると、どのくらいの金額を準備すればよいのか、大雑把に教えて下さい
自車データ
平成7年製NA130 NSX Type-T AT 走行距離20万1千Km(ATは7万Kmにて交換)
また、今予約すると何か月待ちですか、
宜しくお願いします。

重整備お世話になりました 引用
2018/4/17 (火) 17:03:01 - セブシルNSX - fp76f0fec9.tkyc416.ap.nuro.jp [118.240.254.201] - No.1523952181

TYIZ様

先日の重整備では大変お世話になりました。
今回は、車検一般整備からエンジン作業フルメンテ、AT・パワステラックのO.H.、サスペンション・ドラシャ・ハンドル交換、内装張り替えやパーテーション硝子の一枚化まで多義に渡り、22年前の車が生き返ったようです。
とにかく動作が滑らかになり、ステアリグの感覚もガシッと安定しました。
内装も変わり気分も大きく変わりました。
クラッチは酷い損傷や汚れはそれ程でもなかったようですが、今回の作業で今後の10年に備える事が出来ました。
とても満足しています。

作業後それ程の距離を走行した訳ではありませんが、改めてT3TECの技術力の高さを認識しました。

エキゾースト3部作にも大変期待しています。

TYIZ様、スタッフの皆様本当にありがとうございました。

センターコンソールの外し方 引用
2018/4/17 (火) 12:30:37 - 一番★GREAT <oppekepe-air27@docomo.ne.jp> - sndr2.proxy-swg-t.kyocera.co.jp [118.151.185.67] - No.1523935837

T3テックの皆さん
こんにちは。先週、車検でお世話になった、新潟のNSX27です。
お世話になり、ありがとうございました。
表題の件
ナビのタッチパネルが効かなくなり外して交換してみようと思います。
古い車だけに、内貼りを取る際、ツメを破損しそうで。。。
うまい、コツがあれば教えて下さい。
よろしくお願い致します。

TAF・Meet2018 引用
2018/4/17 (火) 01:06:21 - TYIZ - fp276e5d57.tkyc629.ap.nuro.jp [39.110.93.87] - No.1523894781

先週土日
毎年参加しているTAFMeetに参加するためモテギへ行って来ました。
このイベントは
高根沢工場のクラフトマンだった船橋さんが始めたもので
今回でなんと15周年
第一回が
高根沢工場の閉鎖が決まって最後の工場見学会だったから
NSXの故郷 高根沢工場が閉じて15年経とうとしているわけで
14年しか稼動していなかった高根沢工場の歴史より
生産車輌の集いであるTAFMeetの方が長くなった言うのも不思議なもの。

だけど
この工場から生まれたクルマを大事にしているオーナーが
毎年集まって来る。

このイベントの何が面白いって
呼びかけ人が高根沢工場のクラフトマンだけど
ホンダというメーカーとは無関係で運営されていて
だけど、様々な技術方面のエキスパートだった人たちの生の声が聞けて
研究所の重鎮だったOBさんが多数来ていたりすること。

今回のゲストは
NSXを作るために高根沢工場を計画し
アルミボディ故に予想された
難易度の高い 溶接、組立、化成(塗装など)の問題をクリアするために集まった
エキスパートな人たちが3人

クルマを造っていた人たちの生の声
これはきっと面白いに違いない・・と思ったのと
T3TECの先々とnsxnetに関して船橋さんと相談事があり
これをnsxnet功労者の津久井さんに聞かせてやりたい。
と思い
今年は津久井さん連れて参加。

TAFMeetは特に参加車輌を限定はしていないから
自分のS660で自走参加でも良かったんだけど
最初だから同伴者で参加にしよう・・と
TYIZ号運転させてモテギの会場に入ると
馴染みの人たちから
「豊泉さん!今年は運転手付きですか!?」と言われる。

実際彼女は運転が達者で
メタルクラッチのチューンドカーなTYIZ号を普通に乗り回して
4速で坂を登る!と喜びながら運転してた。
そりゃ S660に比べりゃあ大排気量のトルクだからねぇ・・

駐車場で
集合時間なのに妙に台数が少ないな・・と思ったら
常磐道が事故渋滞で遅れてる人が多かったみたい。

受付を済ませ
1年ぶりに会う常連仲間と挨拶して
さて、ミーティングが始まる3時半まで何をしようか・・
いつもならコレクションホールをじっくり歩いたり
仲間と歓談して過ごすんだけど
今年は津久井さんいるし アトラクションとか行ってみようか・・と
近くにいた ヨッシーやkooさん達を巻き添えにして
以前から興味があった「メガジップラインつばさ」に向かってみる。

こんなの
1人じゃ絶対やろうと思わないけど
津久井さんがバンジー的なモノをやってみたい!とか言ってたので
バンジーは無いけどターザンみたいなヤツならあるぜ・・ということになった次第。

だいぶ前から
長大なワイヤーが張られて人がぶら下がってるのを見てはいたけど
まさか自分がぶら下がることになるとは・・

なにしろ高さがあるから
絶対モノを落下させないようにメッシュを着せられて靴にバンドをして
これまた絶対人が落下しないようハーネスをワイヤーにかかった滑車と
自分に装着したハーネスを繋ぐ。。
で、係員さんの合図でワイヤーにぶら下がって飛び出す・・
スピードは低いけど高さがあるからそれなりに絶景・・
というか 向かい風で失速してくると止まりそうで怖い・・
まあ、一度やってみれば十分かな。。

で、お昼をゆっくり食べてTAFMeetに参加
NSXを作るための溶接技術蓄積と
歪みの多い部品の組み立て
そして例の無いアルミボディの下地処理と水性塗装
それらがリンクしてクルマを造っていく過程を語ってくれるんだけど
掛け合い漫才みたいで実に面白かった。
雑誌や通常のイベントではまず語られない
絶対オフレコになる様な話しが普通に飛び出して
それを見ている我々の席の端の方には
上原氏を含めたかつての重鎮達が一緒に笑って見ている。

30年近く経った今だから笑い話になっているんだろうけど
重鎮さんからの
「その苦労があったから
 あなたたちはエキスパートになれたんだよ」
と言う言葉が印象的だったな。

津久井さんは立食パーティで壇上で挨拶させられて
ジャンケンでワイングラスとポロシャツみたいなのをGetしていた。

パーティー後
船橋さんと3人で会合
今後のT3TECの方向性を含めて相談などで0時頃まで。
津久井さんは緊張の糸が切れたようで
「寝ます!」と部屋に戻っていったので

俺はいつもの宴会仲間のところに顔を出すと
クルマ業界の現状とかで飲みながら2時過ぎまで話し込む・・

翌朝7時過ぎに
津久井さんから「朝ご飯何時にしますか!」と元気なLINEで起こされる。
軽い二日酔いだぜ・・と起きだして
バイキングで朝食。。

TAFMeetは土曜の初日がメインで日曜は自由解散なので
駐車場で最後の歓談。

寝不足でアタマが重いし
帰り道も津久井さん運転で出発しようと
常連さんに見送られスタートした途端に
みんなの期待通りにエンスト。

機械式LSDが組まれたNSXでステアしたまま1速でクラッチ繋ぐと
LSDにパワー食われるので回転落ちが大きいんだよね。
半クラッチが狭いメタルクラッチではそれが顕著で
アクセルワークに気を使ってパワーで動かすか
動き始めてからステアした方がスムーズ。
でも道中で彼女がエンストしたのはこの1回だけで
笑いに見送られて元気よく再発進してモテギを後にしました。。

さて、そんなわけで
今年のTAFMeetは無事終了

職場に戻りすぐに慌ただしい日常が始まる。

次のお出かけ予定は6月の鷹栖!
NSXで自走して北海道へ向かいます。

ルートは計画中なんだけど
せっかく北海道へ行くんだからツーリングをかねて
5月29日 新潟発のフェリーで小樽から北海道入りして
知床まで行ってから旭川へ戻ってくるルートで考えています。

鈴鹿のフィエスタは遠いから参加をあきらめていた道内の参加者も多いらしいけど
内地から向かうNSXオーナーも多数いるし
久しぶりに会う人も多いからかなり楽しみです。

マイルメーターのキロ対応について 引用
2018/4/10 (火) 09:31:42 - アラン エンスト <メール送信> - 83.21.30.125.dy.iij4u.or.jp [125.30.21.83] - No.1523276358

はじめまして。
購入したACURA NSXのキロ数字が小さくて見辛いのですが、以前マイル表示をカスタマイズできる話が記載されていたのを思い出し問い合わせさせて頂きました。

費用や対応可否など教えて頂けますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

DynaPack!!! 引用
2018/3/29 (木) 23:53:44 - TYIZ - fp276e5d57.tkyc629.ap.nuro.jp [39.110.93.87] - No.1522335224

こんにちは、TYIZです

昨年 導入を決断して発注していたDynaPackがついに届きました。

Made in NEW ZEALANDのこのマシンは
後輪を外し、ハブで直接計測ユニットを回し
回転負荷をかけつつ
パワーチェックや走行シミュレーションが可能で
エンジン搭載状態でセッティングを行うためのベストマシンなんです。


チューニングエンジンのコンピュータセッティングから
コンディションチェック
エンジンパーツや排気系などを変更した際の比較データ収集など

チューニング業界に携わる人なら
誰もが欲しいと思うスーパーマシン!!


イメージ的には
エンジンが車輌に乗った状態で使える
エンジンテストベンチみたいなものですね。

いやぁ、T3TEC起業から3年経ってとうとう導入しちゃいました。

ダイナパックのナニがスゴイって
コンピュータ制御でハブの回転に「負荷」つまりはブレーキをかけられることで

たとえば
「4速アクセル全開で任意のエンジン回転数に固定する」という事ができる。

こうすると
たとえばエンジンは7500rpm全開で最高出力を出したまま
その領域の燃調と点火時期をベストに追い込むことが出来るわけです

もちろん
アクセル開度が30%でも80%でも踏んだり抜いたり変化させながらでも
コンピュータ制御で連続的に負荷は変化するので
エンジン回転数を固定したまま
車輌のコンピュータの補正マップを変更してセッティングを追い込める。


負荷のかけられないローラー式シャーシダイナモでは
アクセルを開ければ速度は上がってしまから
チェックしたい回転数はすぐに過ぎ去ってしまうわけで
特定回転数での不調の検証を行うのが難しく
セッティングではベストを追い込むのが難しい

だから
ダイナモセッティングの後に実走行でセッティングを追い込む必要があったわけです。

でも、ダイナパックだと
3速アクセル全開で5000rpm固定とか
実走行以上の負荷がかけられるわけで
ダイナパック上で全力負荷状態のコンピュータセッティングが完結してしまう。

車内からワイヤレスキーボードの操作で
4速全開で8000rpmに固定して そのまま100rpmずつ下げて2000rpmまで落としていく・・
なんていう芸当も出来ます。
もちろん
全開状態で2000rpmから8000rpmへ任意の回転幅で上げていくことも可能。

これがどんなに素晴らしいことか
エンジンチューンに携わる人なら分かるでしょう。

速度や回転数を固定して走行状態を作れるから
OHしたエンジンの慣らし運転はベストな状態で行えるし

キ〜ン!というローラーとタイヤの摩擦音が無くて
ほとんど排気音だけだから
騒音レベルは低く
工業団地にあるT3TECでは
深夜にエンジン全開テストしても全然大丈夫。

エンジンのコンディションチェックが詳細に確実に行えるから
不調が有るエンジンのトラブル原因を予測したり
エンジンチューンの結果を確認したり

これから製作していく
新作の排気系を性能検証するためにも大いに有効だし

まあ、とにかく
我々にとってはドリームマシンだったわけです。


ローラー式に比べて・・

ローラーとタイヤの摩擦という不安定要素が無いから
計測データは非常に正確で
同じ車輌同士の比較を行うには都合が良いんですが

計測後の減速時間からロス馬力を推定して加算するシャーシダイナモに比べて
ダイナパックで計測された最高出力は著しく低くなります。

エンジンの出力は
クラッチ・ミッション・ドライブシャフト・ハブベアリング と伝達されていくわけですが
各部でパワーをロスしていくから
ハブにセンサーを付けて計測するダイナパックでは
ミッションなどで伝達ロスした純粋にタイヤを回す馬力を測っているので
仮想的にエンジン出力を測るローラー式に比べると計測値が低くなるわけです。

シャーシダイナモでは350馬力近辺出ているTYIZ号を計測してみると3速で300馬力弱で
4速では280馬力くらいに落ちる。

3速より速度が高くなる4速の方が伝達ロスが大きいのは当然だけど
15馬力以上も多くミッションがロスしている現実が見えてくるのは驚き。

でも、この数値がタイヤを回している現実的なパワーなんですよね。


実験したのがTYIZ号だけだから
今後
ノーマルを含めて多数のNSXを計測して
ロス馬力を推定して
ダイナモ比でどの位のデータになるのかも調べてみたいし

5MTと6MTの差 ファイナルギアの差
などを調べてみたい。


それと
センサーを取り付けるのがメンドクサイ・・

まあ、気軽にパワーチェックを行う装置じゃあありません
あくまで
セッティングと走行シミュレーションのための機材です。

それにしても
このマシンはソフトウェアが全て英語で
単純にパワーチェックを行うための機材じゃないから
条件設定や出来ることが超多機能で操作を覚えるのも大変。
OSが使い慣れないWindows10の英語版だから
さらに難解だったりするけど
こればかりは使い込んで慣れていくしか無いんですねぇ。

いやあ、とうとうDynaPack入れちゃった。
起業以来 一番大きな設備投資です。

ブレーキオーバーホール 引用
2018/3/27 (火) 22:29:42 - ミシガン - 68.118.91.183.cc9.ne.jp [183.91.118.68] - No.1522156437

今回ブレーキのOH(オーバーホール)を行った時の状況を記載させて頂きます。
と言っても今回はブレーキパッドの交換と併せて後ろ側、しかも片側左のみですが。

庭での作業なのですがジャッキUpタイヤ外し後、キャリパーマウントのボルト2本が
非常に固く手、足でも角度とスペース不足から力が足りず次の様にしました。
インパクトを持っていない為レンチの柄先をパンタジャッキで押し上げる方法で
少し回しその後は手で回せました。

そしてピストンを回して外し、ひたすら洗浄&掃除をワイヤーブラシで行いました。
サイドブレーキ構造の部分までは分解掃除する自信が無く、ブーツ、ゴムシール、
スライドピンの清掃等迄です。

メインのピストンにオイル漏れは無かったのですが重要なシール部に錆虫食い
状態が有り新品に交換。(まだまだ長く乗りますので)
1990年12月式で購入して3年になるのですが、前オーナーはOHを行われたかどうか
不明ですが、もしOH無しなら27年強よく持ってくれたのではないかと思います。

そしてパーツクリーナーで綺麗にした後グリスを塗布して組付けですが、シールキット
(01473-SL0-010)には4種類のグリスが入っており、使用部位が分からない物が2つありました。
TYIZさんからメールで教えて頂き助かりました、ありがとうございました。

ピストンシールの組付けは簡単でしたが、今回の作業で一番苦労したのはピストンブーツの
組付けです。
このブーツを先にキャリパーに取り付け、その後ブーツの口をピストンのお尻に被せようと
するのですがこれがなかなか手だけでは出来ませんでした。
(先にブーツの口をピストンに被せると今度はキャリバー側に組めない、の思考錯誤)
さらに先端を丸くしたマイナスドライバーを使って十数回やっても成功せずでした。
本当にうまくいかずイライラさせられました。
そこでステンレス針金(φ1.6mm)を写真のように曲げて作成し、これ2本でブーツの口を広げて
ピストンを少し斜めに突っ込み残りの1本を追加で挿入してそれをグルッとピストンの
周囲に沿って回し、やっと被さりました。 
出来た時は本当にヤッター感一杯でした!

この部分の工程はプロの方はどう行なわれているのか?
専用の特殊工具があるのかな〜? とか思った次第です。

その後はピストンを回し順調に組付け、ボルトを締め、家族にエア抜きを手伝ってもらい
完成しました。2日がかりの作業でしたが楽しい作業が出来て満足しています!

そのうち右後ろのOHも行うべく計画しています。
2回目は少しはコツが分かり順調にいけばいいのですが!

又、何かあれば投稿させて頂きます。

エンジンルームファン取外しの件 引用
2018/3/24 (土) 18:28:14 - 孝行 真樹 - 71.24.242.49.ap.yournet.ne.jp [49.242.24.71] - No.1521883694

いつも楽しく拝見させて頂いております。

表記の件ですが
以前某お勤めのサイトでは
ほとんど取りはずしていていると記憶しております。

理由としてNA2以降は付いていない、との事ですが
NA1で取り外し後、夏場の影響によるトラブルは無いのでしょうか。

夏場は特に「渋滞中のエアコン稼動」により
エンジンルームに走行風が入りにくいため、熱の影響による各部劣化が気になります。

推奨はしないが自己責任で、というスタンスが現状でしょうか。

ご意見のほどお聞かせ願います。

ご無沙汰してます。 引用
2018/3/14 (水) 08:44:27 - きかん棒 <メール送信> - p330210-ipngn102kokuryo.gunma.ocn.ne.jp [180.14.223.210] - No.1520984667

遅ればせながら会員登録させて頂きました。
さて、先日先輩が営む整備工場にて車検を取ったのですが、「年々オイル滲みが酷くなってるよ!」との指摘を受けています。エンジン降ろしメンテを予約しているので、その修理工場では「そのままで良いよ〜」とは言っていますが、私の順番は何時ごろでしょうか?
TYIZさんが某店に勤務時代にAT⇒MTの作業をして頂いた時にお願いし、T3開店直後にも再度お願いをしたつもりでいます・・・

是非早めにお願いします。

後期ABS換装&サイモン 引用
2018/3/10 (土) 20:05:08 - TYIZ - z180174.ppp.asahi-net.or.jp [110.4.180.174] - No.1520679908

こんにちは、TYIZです

NSXの初期型ABSを後期(LEV以降)に換装する流用作業は
10年以上前に確立して
換装用のハーネスも製作してきたんですが

ここで
ちょっとだけバージョンアップしました。

ABSにエラーが出た際に
モジュレーターが持ってる自己診断機能を使えるように
ABS換装ハーネスにチェック端子を増設しました。

使い方は簡単で
ABS警告灯が点いた場合
チェックコネクターを繋いでクリップをアースに繋ぎ
キーをONにすると
警告灯の点滅回数でエラーが判断できるというモノで
記録されたエラーコードを消去することも出来ます。

NSXのABSは後期になって
まず故障頻度は少なくて
エラーが出たとしても
ほとんどの場合 車速センサーの断線や故障で
普通のテスターで原因を追っていけるから
自己診断は使えなくても良いな・・と思っていたんですが

最近
センサー故障の事例が増えてきたし
後期換装したNSXオーナーの方が
自分である程度原因を追い込めれば
来店してもらって すぐに修理対応が出来るよな・・
と言うわけで
チェック端子付きに変更した次第です。

この
後期換装ハーネスは数種類ある初期型全てに対応し
ハーネスの途中に中継コネクターを設けているから
車内への配線引き込みが楽で
後の整備性の点でもよく考えて作ってあります。

自分で後期ABS換装するユーザーは極少数だと思いますが
(知る限りかっちゃんくらいか・・)
nsxnetでも販売しています。
http://www.nsxnet.com/parts_detail.php?pid=8661


横浜在住の頃に馴染みだったサイモンさんが
香港へ転勤になって
再び日本に戻ってきたそうで
長期間動かしていなかったNSXが積載車で入庫。

なんでも
香港の整備業者でタイミングベルト交換したら
調子悪くなったあげく
ぶつけられて中途半端な修理で返されたそうで
とりあえず動く状態にして日本に運び
倉庫で1年ちょっと保管しておいたらエンジンがかからなくなったそうで
ご本人が日本に来たタイミングで是非T3TECで復活させてくれ・・
と、言うわけらしい。

軽くチェックしてみると
どうやら エンジン本体にダメージは無さそうだけど
燃料ポンプは回っていないし
ポンプに通電して強制的に回そうとしても動かない。

燃料は空に近い状態で長期保管してしまっていたらしいから
ポンプが壊れたんだろうなぁ・・
まずは燃料タンク降ろして原因調査か・・

サイモンさんも奥さんも
ウチに運び込めたのでホントに一安心・・と言うことだったけど
なにやら
色々病んでいるところが多いから
復活は大変そうな感じ。
何はともあれ エンジンがかかるようにしなきゃなぁ。

3周年&近況 引用
2018/3/1 (木) 18:58:24 - TYIZ - z180174.ppp.asahi-net.or.jp [110.4.180.174] - No.1519898304

今日 3月1日でT3TECは開店3周年を迎えました。

基本的にNSX専業でやっていこうと起業したわけだけど
多くのお客さんに支えられて
今のところ順調に運営出来ています。


離陸後 バーナー全開で
チャフをバラ撒きながら
バーチカルクライムロールで垂直上昇してきた様な感じだけど
軌道に乗せるにはジェットじゃ無理で
失速しかけたらブースターが点火してくれてまだ上昇中・・と言う気分か。

ブースターは
スタッフだったりOSやTODAさんの協力による
LSDやピストンだったりで仕事の幅が広がったこともあるし
商品部もnsxnetも最近点火したブースターだったりする。。

でも、失火したら即墜落しちゃいそうだから
今後も
エンジン増やしながら上昇を続けることになるわけで
経営って
そういうモンなのかなぁ・・と思うこの頃。。


近況としては
今年は車検の当たり年なので
一昨日はファクトリーが預かり車輌満車状態になりました。
まあ、作業完了車輌もあるから一時的なモノだけど
屋内にNSX20台とロードスターが1台で合計21台。

今週末にはだいぶ納車されてスペースが出来る予定だけど
これがT3ファクトリーの収容台数限度ですね。


nsxnetの稼働に伴い
オリジナル商品の販路が出来たので
今年はもっと商品開発に力を入れたいんだけど
慢性的にメカニック不足で作業の進行が遅れていて
私もファクトリー業から離れられないんだけど
こんなのが欲しいなぁ・・という
作ってみたいもののアイデアはいくつかあるんです。

メタル触媒が完成し
エキマニがまもなく完成(近日紹介します)
引き続き
ずっと考えていた理想的なマフラー作ります。
排気系のラインナップを作る際には
普通なら一番需要が有りそうなマフラーから着手するんでしょうけど
難易度が高い触媒から着手していくのがウチらしいかと。

というかね
こんど作ろうと思ってるマフラーのレイアウトは
純正エキマニ&触媒とも組み合わせ可能にするんだけど
理想排気系を目指して
エキマニ&触媒の
寸法形状を確定してから作り始めようと思ってるんです。

それが確定したら
次はサスペンション関連の部品でいくつか考えがあって

他にも試してみたいことがいくつか。。

そして
あと数ヶ月で
待ちに待った機材が導入されますが
これもまたあらためて紹介します。

それと
春にまた 岡山行脚をやろうと思ってます。
OSさんとTODAさんに相談事があって
3年ぶりに挨拶に行ってこようかと。
で、帰りはまた四国ー大阪ー名古屋・・かな。

慌ただしさは続いていくけど
やることが一杯なのは有り難いことなんですよね。

そんなわけで3年経ちました
特にイベントはやらなかったけど
お世話になった方々
感謝感謝です
これからもよろしくお願いいたします。

フレーム修理&ボディアライメント 引用
2018/2/22 (木) 18:05:04 - TYIZ - z180174.ppp.asahi-net.or.jp [110.4.180.174] - No.1519290304

こんにちは、TYIZです

クルマは乗って走らせていれば
時にはトラブルに見舞われることもあります。

ちょっとした不注意でぶつけることもあれば
もらい事故の様な不幸なことも多々あります。

NSXは走らせてこそ楽しめるクルマなんだから
事故の後遺症無く 走行性能を完全に元通りにするためには
高い精度での鈑金補修作業が必要なわけで
さらにNSXの場合
大きな補修の際には
アルミボディ故に独自技術が必要になってきます。

私がNSXに乗り始めた頃
まだ、高根沢工場でNSXの大修理を受けていたけれど
アフター業界で手を入れてしまうと
メーカーでの修理が出来なくなることは予想されるから
なんとか
身近な業者さんでアルミボディの修復を依頼したくて
ずっと付き合い続けている業者さんがあり
もう、いったい何台フレーム修復を行ってきたか
分からなくなっちゃったくらいのNSX修理をこなしてきました。

今年になってからも数台
大修理作業を行っていますが

ここ最近の事例はけっこう難易度が高くて
見ていても よくまぁ治せるなぁ・・と思う。

オフセット衝突で
フロントタイヤが後ろ方向に大きな衝撃を受けたりすると
フレームダメージでホイルのセンターが後方にずれちゃって
左右ホイルベースがズレちゃったり
キャスターが出なくなったりするから
フレームの取付部修復は必須なんだけど

技術不足の鈑金工場で治したために
実はこれが出来ていないクルマは多い。

NSXのアルミボディはとにかく固い。
一般的にボディに使われる鉄板は
曲がっても油圧で引くとかなり自由に伸びてくれるけれど
NSXに使われているアルミ素材は
大きく変形させてしまうと
強大なチカラの油圧で引いて修正しようと思っても
バリッと割れてしまうくらい固い素材なんです。

だから
大きく変形した部分はスポット溶接を剥がして
パネル交換で治していくしか無いわけだけど

サスペンション取付部やドア取付部などを交換してしまうと
元の位置を見失ってしまうので
交換すると言っても簡単じゃあ無いわけです

修正機のベースフレームにNSX専用の位置出しタワーを組んで
ここにボディを載せて
フレームの変形方向やズレの量を見て
修正で行けるかパネル交換するかを決めてから作業を開始

NSXの場合
フロントサスペンションは
クロスブラケットと
コンプライアンスピボットの取付位置が最重要になるわけで
ここに治具タワーを取りつけて
位置決めピンが入る様に修正する。
こうすることで
フレーム精度は3時限的に元に戻るというわけです

修理技術が不足の状態でたまにあるのが
フレームを引っ張って長さ方向はだいたい寸法が出ているけれど
ボディが雑巾絞り方向に捻れているから
アライメントは出ていても左右接地加重が異なっていて直進性が出ない・・

これを回避するには
こうした専用修正治具が必須なんです。

今回
過去のリア周り修理が不安で検証と再修理を依頼されたNSXがあり
エンジン一式を降ろしてリア周りにもタワーを立てて検証しましたが
この車輌はほぼ問題なかったです。

過去には
修復歴アリの車輌を購入し
どうしてもホイルアライメントが出ないので再修正依頼を受けて
フレームを検証したら
大きく変形したまま組み立てられていた事例は何度もありました。

こうした車輌の再修理は
外見だけは
すでに治されてしまっているため
事故破損のままの状態よりもフレームの変形度合いが読めなくて
一苦労する場合もありますが
最終的にはバッチリアライメントが出る様に再修復します。

これを
ボディアライメント・・とか呼んでますけど
フレーム位置は調整ボルトが有るわけじゃあないから
計測点に治具タワーを立てるためにかなり分解するし
重要位置がズレていたとしたら
それをどう修正するか
方法を模索することになるので
やってみないと費用も納期も分からない修理になります。

NSXも生産から20年を大きく超えた個体が多いわけで
その間に
まったく修復を経験していない個体というのも減ってきています。

走行性能に影響が無い外装ならまだ良いけど
フレームダメージに不安があったり
ホイルアライメントの数値に違和感があったりする場合
フレームを疑って検証し再修正していくのも
必要とされる技術になっていくんだと思われます。

コンディションが良い車輌というのは
愛着が変わりますからね。

TC1000 引用
2018/2/7 (水) 23:06:51 - TYIZ - fp276e5d57.tkyc629.ap.nuro.jp [39.110.93.87] - No.1518012411

昨日は予定通り筑波1000走行会に行って来ました。

プロアイズさんが主催する走行会で
参加者のマナーも良くて
実に良く管理されていてみんな楽しめたと思う。

私はいったい何年ぶりにTC1000走るのかなぁ
tsunoseさんがタイへ行く前に走ったのが最後だと思うから
10年ぶりくらいかな・・

リハビリを兼ねての走行会だから
申告タイムは42秒くらいだけど
自信ないから適当に初心者クラスに分類して欲しい・・
と、申込書に書いてみたら
2クラス目になって
タイムはやっぱり42秒フラットかちょっと切るくらい。
まあ、ストリート仕様の足回りにネオバで俺の運転じゃあ
そんなところでしょう。
でも、新作サスペンションキットは終始安定していて扱いやすかった。
ショートコースは舵角が大きくなるから
ホンキで走るならもっとバネレートが必要だけど
ストリート走行と遊びでサーキット走るくらいなら
やっぱりこのくらいの仕様が良いなぁ・・と思う。

走り込んでるType-SのYoshi.さんは39秒台に入れていた。
タイムが出ている人の走りって
案外地味で安定していて数字を見て「おお・・」と思うんだよね。
俺なんか
そこら中でドリ練になってた。。

今回ビックリだったのは路面に落ちてるタイヤカスと言うヤツで
これがタイヤに貼り付いて
インナーフェンダーを叩くので
バタバタバタ!とビックリな音がしてペースを落としてピットに戻ると
ものすごい量の黒いヒルみたいなヤツが貼り付いてる。

これがタイヤにくっつくと
振動はスゴイしまあ〜良く滑る・・
凄まじい量がコースに落ちてるけど
いったいどんなタイヤで何が走ったんだろう・・

貼り付いたヒルがずっと取れてくれなくて
帰りの高速道路もずっと凸凹振動に悩まされた。

今回の主目的は津久井S660の撮影。
サーキットを走り始めると
自分のドライビングを撮ってもらいたいモノなんだよね。

だけど俺も
サーキットでクルマを撮るのは久しぶりだな・・と思いつつ
デジタルだから
「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」作戦で多量に撮って選別。

色々なアングルから撮ってみたけど
S660はバックシャン(死語か・・)かな。。

1コーナーの外からカメラを構えているんだけど
津久井ちゃん 進入角度というか
コーナーアプローチが周回ごとにマチマチで
どこを通るか安定しないから狙いづらい・・
その点
Yoshi.さんはバシッと安定しているからやっぱり撮影しやすいね。

今回の走行会は12分で4ヒート。
1周1分未満のコースだから
1ヒートで10周以上できるわけで
テクニカルなショートサーキットは疲れるし
景色も見飽きてくるしもう充分・・と思うわけで
3回も走ると もう・・疲れたから4回目はいいかな・・
と、なってくるんだけど
彼女は あと一回しか無い〜 もっと走りたい〜と呟いてる。

車内をアップで撮った走行写真では
普通 眉間にしわ寄せて険しい顔で写るんだけど
彼女はヘルメットの中で目が笑ってる・・
まあ、心底楽しそうだからいいけどねぇ。

そういえば
去年の10月にTC1000で初めてサーキット走ってきて
「聞いてくださいよ!超初心者クラスなのに みんなガチなんですよ!!」
と、ブーブー言ってた。 そりゃそうでしょうよ・・

実は彼女が運転免許を取ったのは去年の2月
免許取って1年未満で普通サーキット行かないでしょう・・
いくら初心者クラスと言ったって
みんな 峠道とかでそれなりに走り回っていた人が多く
ヒールトゥも知らないズブの初心者は希でしょうから
(津久井S660は絶対のコダワリと言うことでMTなんですねぇ。)

だけど
TC1000みたいなショートコースでは
軽くて身軽なS660は面白そうだった。
NSXでもコントロールの基本を学ぶには良いコースだけど
コース狭いし どうしたって重さを感じちゃうから。

今回の参加者を見ていると
S660の参加は5台
改造した軽自動車も何台か走っていてけっこう楽しそうだった。

今回は地元のお客さんが遊びに来てくれていて
新型NSXに乗ってきた方がいたんだけど
津久井ちゃんはすかさずS660の向きを変えて
「顔が似てる!」と言って写真撮ってた。
まあ、最近のホンダデザインだから共通性はあるけどねぇ。

そんなわけで
久しぶりにTYIZ号で走り回ってきたけれど
やっぱりNSXは
思いっきり振り回してみると楽しさがよく分かる。

サーキット走行会とかドリ練とか
T3TECで企画してみたいけれど
スタッフが少数だから忙しくなっちゃうし
こういう走行会にお客さんを募って参加してみても良いかな。

nsxnet.com 引用
2018/2/5 (月) 18:01:15 - エスニロドス <メール送信> - 101-140-162-237f1.nar1.eonet.ne.jp [101.140.162.237] - No.1517821275

会員登録したと自分では思ってますが、本当に登録出来たのかな?
あやふやな自分なので、申し訳ありません。

nsxnet.com 引用
2018/2/1 (木) 09:49:39 - TYIZ - z180174.ppp.asahi-net.or.jp [110.4.180.174] - No.1517446179

今年の年賀状に記載した www.nsxnet.com coming soonですが
本日公開開始です。
http://www.nsxnet.com

「nsxnet.com」は
T3TECの商品部として企画して
オリジナル商品と
NSX純正部品の販売を行うサイトとして製作してきたんですが
利便性を追求して構想の変更と拡張を続け
究極的なNSXの情報源を目指して製作されています。

構想から2年ほどかかって
やっと公開できるところまでたどり着きました

実はまだまだ未完成なんですが
T3TECで作ってきたオリジナル商品と
国内向けNSXの純正部品品番と現在価格は全て網羅したので

このWebサイトを使えば
紙媒体のパーツリストや検索CDを使わなくても
全年式NSXの使用部品番号と価格が検索できます

これは
自分で部品交換を行いたいユーザーや
作業を行う業者さん
もちろん、構造や部品に興味があるマニアの方にとって
ものすごい情報源になると思います。

そして会員登録すると
T3での部品在庫が検索できるようになり
通販が可能になります

先々は
このサイトからリンクでT3での作業例やチューニング紹介ページを作り
NSXの情報サイトとしての完成度を高めていきたいと思っています。

これは
NSXに対するT3TECとしての本気度を表したサイトで
これからどこまで充実させていけるか
乞うご期待です。

まずは
この掲示板をご覧の方々
試しにこのサイトにアクセスしてみて
パーツカタログの使い勝手など
ご意見をいただければと思います。

エンジン降ろしメンテナンスのコスト? 引用
2018/1/24 (水) 21:00:30 - エス二ロドス <メール送信> - 101-140-162-237f1.nar1.eonet.ne.jp [101.140.162.237] - No.1516795230

豊泉さま 昨年の今頃初めてメールさせていただきました奈良県五條市在住の青木と申します。ヨコオオートモビルさんから昨年1月21日に走行距離16000kmほどの91年式初期型クーペを納車いただいた者です。タイミングベルトの交換時期についてその当時もメールでのやり取りをさせていただいて、走行距離からしてタイベルが原因でトラブった事例は少ないのでしばらくは、、、、はとのことで、懸念は払拭出来たのですが、いずれ対応しなくてはならない事です。信頼出来ると私が思っていますHONDAディーラーのメカニック氏はエンジン降ろさずに何台もタイベル交換しましたよ、と言われるのですが、この掲示板を拝見してますと、やっぱり降ろしてのタイベル交換に違いないと確信しだしております。そこで、多いに気になるコストはいかほどの額になりますのでしょうか?それが知りたくよろしくご教示をお願い致します。また、その時期でありますが、年内に北海道を巡りたいと考えておりまして、自分的には事前に交換せずに、北海道ツア−後の適時に交換かなと考えております。よろしくお願い致します。

不調修理依頼 引用
2018/1/22 (月) 17:04:45 - TYIZ - z180174.ppp.asahi-net.or.jp [110.4.180.174] - No.1516608285

T3TECは
チューニングショップ以外にも
ホンダディーラーさんやNSXを扱う中古車屋さんなど
様々な業者さんとやりとりがありまして

メーターやパワステなどの単体修理依頼は
毎週のように現品が届いて修理して発送・・を繰り返していますが

時には
車輌ごとの修理依頼というのも入庫してきたりします。

今回
練馬のヨコオオートさんからアイドリング不調の調査修理依頼があり
原因究明&修理。

ヨコオオートさんは
もともとNSXの取り扱いは多かったんだけど
数年前
かつてNSXの中古車販売で名を馳せたmacsの後を継いで
練馬のショールーム付き店舗でNSX販売を行っていて
私も付き合いは古く
NSXを売買したいお客さんがいるとヨコオさんを紹介しています。

今回調査依頼の初期型AT車
暖機後は全く普通に乗れちゃうんだけど
冷間時の始動後 ファーストアイドルが高すぎる のと
暖機後 エンジンの揺れが微妙に大きい
という症状。

この車輌は業者オークションで仕入れたらしく
ちょっとアイドリングがおかしいから
スロットル調整で治る判断し
自社で整備してみたんだけど改善せず
このままではお客さんに渡せない・・と
うちに整備作業を依頼してきた次第。

普通の中古車屋さんって
仕入れたクルマを
いかに手をかけずに売り抜けて利益を残すか?
というのが最優先で
難易度の高い整備なんかする業者は極めて少ないんだけど
かつてのmacsもヨコオオートも
割と律儀にクルマを扱ってくれるんですよね。
(まあ、NSXという高額中古車ならではのことかも知れないけど)

今回のAT車も
専門業者としてNSXを多く見ていなければ
こんなモノなのかな・・と、そのまま売っちゃうレベルの症状でした。


で、現車が届いて
ファーストアイドルをチェック。
なるほど、始動直後2500rpmくらいまで上がって下降途中にハンチングするし
暖機後 排気音とエンジンの振動がおかしい・・

チェックすると
点火時期が数度ずれていて
圧縮を測るとリアバンク3気筒が全て低い
排気ガス濃度 Co HC共に高い・・

もしや・・と 右ドアを開けると
タイミングベルトを交換したステッカーが貼ってある。

こりゃあ・・タイミングベルトのコマズレでしょう・・
おそらくは
エンジンを降ろさずにタイミングベルト交換して
ズレたまま組んじゃっているんでしょうね。
でも、交換後すでに数万キロ走っているから
以前のオーナーさん
ベルト交換後に不調を感じながらも乗っていたんでしょうねぇ・・

タイミングベルトがズレて組まれると
ピストンの上下に対して吸排気のバルブタイミングがズレるから
パワーダウンするし振動が出たりするけれど
普通に走れちゃうものなんです。
ピークパワーで数十馬力落ちるけど
いつも全開走行しているわけじゃあ無いし
特にAT車では分かりにくいかも知れません。


ヨコオオートの担当さんに
「エンジンを降ろしてベルトを掛け治さないと解決しませんよ」
と、伝えると
いやぁ・・参ったなぁ でも、それが必要ならお願いします!
とのこのとで
引き続きエンジンを降ろしての修理作業に移行。

いい加減な業者だったら
ここで作業を切り上げて
そのままお客に渡しちゃうか
再びオークションに流しちゃうんでしょうけどね。

修理作業にGOサインが出たのでエンジン降ろし作業を開始。

これがユーザーからの依頼なら
「エンジン降ろしメンテナンス」としての依頼で受けて
カムを外してロストモーションスプリングなども後期型に交換して
細部まで徹底的に手を入れるんだけど
今回は不調の修理だからそこまでの重整備は行わず
現状で
不具合が出ているところと
危険度が高い部分だけを重点的に整備する方向。

エンジンミッションのパワーユニットごとヤグラに載せてボディを上げて分離。
カムカバーとタイミングベルトカバーを外してみると
案の定
フロントバンクで1コマ リアバンクの排気側は2コマズレていた。
こりゃ
点火時期がずれてリアバンクの圧縮が低くなるはずだよな・・

エンジン搭載状態で交換されたタイミングベルトは
オイル汚れが多く
ベルトとウォーターポンプなどは新品交換。

冷間時のアイドル異常は
ファーストアイドルバルブの不調も原因しているので
交換しちゃっても良かったんだけど分解して調整。
(この、ファーストアイドルバルブの構造も面白く
  いつか内部構造の紹介を書いてみたいと思います)


全てを適正値で組立治し
エンジンを搭載し始動。

ファーストアイドルも適正値で暖機後の妙な振動は無くなって
全てが正常。
このくらいの滑らかな回転が
我々にとって当たり前なんだけど
整備ミスで不具合を抱えたままのNSXは実に多いです。

走行距離を重ねて
不具合が起きる前にタイミングベルトを交換する作業を行ったのに
その作業が原因で不調が起きている。

これは
エンジン搭載状態での整備作業が
いかに困難でミスをしやすいか物語っています。

整備要領書には
エンジン搭載状態でシリンダーヘッドまで外せるようなことが書いてあるけど
実際にはとんでもない難易度で
そんな重作業は
エンジンを降ろしてしまった方が全然楽でミスもしにくいわけですが
整備書通りのやり方で頑張った結果
元よりもコンディションが悪くなってしまった車輌が多々あります。

10年くらい前
この問題が散見されるようになってきて
「タイミングベルト交換はエンジンを降ろさなければダメだ」と訴え始めて
ベルト交換と共にカムシャフトシールの交換とか
インテークマニホールドの分解整備などを同時に行う作業として
「エンジン降ろしメンテナンス」を提唱し
この方法が業界でも認められてきて

どうせエンジンを降ろすなら・・
可能な限りの消耗品交換や分解清掃などを盛り込んで
いま、T3TECで行っているエンジン降ろしメンテナンスは
エンジンルームの大リフレッシュになっているわけですが

この作業はエンジンルームの美観も大きく向上するし
非常に満足度が高い反面
費用もかかるし
作業の進行は遅く順番待ちに行列が出来てしまっているわけです。

今回は中古車屋さんからの依頼と言うことで
必要最小限な整備作業を行ってみたわけですが
それでも一般的な整備工場さんの作業よりは
余程確実で手が込んだことをしているわけで
これで十分安心感は買えると思います。

美観も大きく向上する大リフレッシュなエンジン降ろしメンテナンスと
今回のポイント整備。
手間も使用部品も大きく違うから
もちろん費用も大きく変わってきます。

いまのところ
この作業をメニュー化する予定は無いんだけど
怪しい業者で強引にタイミングベルトだけ交換して
コマズレで不調を抱えるNSXが増えるくらいなら
エンジン降ろしメンテナンスと並行してタイベル交換を受け入れるために
作業受け入れする方向も考えた方が良いんだろうか・・
と、悩むことになりました。

特に中古車屋さんからのタイミングベルト交換作業は
いままで受け入れていなかったんだけど
これも再検討した方が良いのか・・

でも、受け入れるにしても
この手の作業はどうしたって人の手で行う物だから
メカニック不足が深刻化しそうです。

T3TECも
あと2人ほどスタッフが欲しいんですけどねぇ・・
だれかメカニックとしてうちに来てくれる人はいないかな・・

何はともあれ
今回は予想通りで解決できて良かった。

ヨコオオートさんは
おそらく今回の車輌販売は赤字でしょうけど
NSXを売る中古車屋さんは信頼第一でしょうからね。
良い対応を行っておけば
良い結果は巡ってくるものだと思います。

ブレーキローター 引用
2018/1/22 (月) 16:35:36 - TYIZ - z180174.ppp.asahi-net.or.jp [110.4.180.174] - No.1516606537

こんにちは、TYIZです

来月の6日火曜に
筑波1000を走ってみようかな・・というわけで
ブレーキローターの交換。

ブレンボのキットを組んだ状態では
滅多にジャダーなどは発生しないんですが
さすがに組んでからずいぶん走り回り
ローターは一度表面切削したんだけど
去年フィエスタの道中あたりから高速ジャダーが激しくなって
こりゃ、いよいよローターを交換しなきゃな・・
というワケだったので
とりあえずフロントを交換してみた。

NSXにブレンボキットを組む場合
外径328ミリ厚さ28ミリのローターを使うのが定番で
このサイズはディクセルでも売ってるから
ディクセルのスリット入りローターを取り寄せて
ベルハットを移植してローター交換。

328ミリ外径だとスリットは10本で丁度良い感じだと思うんだけど
ディクセルは12本で
ちょっと見た目が煩く感じるんだけど
まあ、見慣れるんだろうな。。

この、スリットの向きって
メーカーによって考えがあるみたいで
02R純正とブレンボだと逆なんだよね。
ローターの厚みがあって機械的強度が高ければ
ブレンボ方向の方が効きそうな感じだけど。

今回TC1000走行会は
うちのスタッフでS660に乗る津久井ちゃんがエントリーしていて
それに触発されて
俺も久しぶりに行ってみようかな・・と思った次第。

サーキット走行会も
なかなか、知らないところに1人で参加していくのは
最初の一歩が踏み出しにくいもので
(そう考えると彼女はいい度胸している・・)
ホントは
うちが主催するとか
お客さんを集めてどこかの走行会にエントリーするとか
動けばいいんですよね・・

T3TECを開業して間もなく3年
6速用だけどLSDの供給も再開したし
また、ジムカーナ場でドリ練とかパイロンスラロームとか
練習会みたいなのを計画したいですね。

なにはともあれ
自分のリハビリを兼ねてTC1000で遊んでこようと思ってます。

メータ関係 引用
2018/1/22 (月) 11:13:24 - NA1 <lime0518@yahoo.co.jp> - pdadd1e33.sigant01.ap.so-net.ne.jp [218.221.30.51] - No.1516587204

お世話になります。
少しお知恵を拝借したいのですが、当方のNA1(AT)メーターでオイル計が走行時に0を指す時があります。そこでオイルプレッシャスイッチを交換しましたが改善しませんでした。
@コンデンサの交換をしようと入手したのですがコンデンサに方向性(+−)があるのでしょうか?
Aまた同時にメーター球も交換しようと37102-SA5-003×2、37103-SL0-003×2、37237-SA-003×3を注文しようと思いますがこれでよいのでしょうか?
あとレンズも交換した方が良いとあったので
B78156−SL0-003も同時注文する予定です。
他に必要なものがありそうなら教えて頂けるとありがたいです。

近況 引用
2018/1/16 (火) 22:29:06 - TYIZ - fp276e5d57.tkyc629.ap.nuro.jp [39.110.93.87] - No.1516109346

年が明けて
ファクトリーも日常的な作業の日々が戻ってきたけど
エンジンやらミッションやら大きな作業が中心で
入庫台数は少なく
遅れ気味だった作業を順次こなしています。

ミッションの組み立ては
工場2階の現寸場に作った作業場で行っているんだけど
ここはホコリが舞わないし
冷暖房が使えるので実に快適。

年明け早々に依頼されたメーター修理は
香港のユーザーから相談で
初期型NA1に02Rのメーターパネルを組み合わせたんだけど
表示がおかしく 補正依頼。

なるほど
タコメーターがだいぶ低く表示する。
これは基板の修理で対応したんだけど
スピードのエラーはそれほどでも無く
それより オド&トリップメーターの進行が異常に遅い。

こりゃどうしたことだ??と調べてみると
このメーター
もともとマイル表示のアキュラ用なんだろうな・・
それに02Rパネルの組み合わせは初めて見た事例だったので
良い機会だから色々検証。

NSXのメーターでは
マイルとキロメートルでオドメーターのギアと基板側の組み合わせで
速度に対して進行距離を合わせる方式なので
マイル表示のアキュラメーターにキロメートルのオド&トリップメーターを組むと
実速度の6割くらいしか距離が進まなくなるんですねぇ・・
これの修正方法も見つけたので
今後
もしご希望な方がいたら
マイル表示のメーターをキロメートルにすることも出来るようになりました。
まあ、めったに需要は無いでしょうけどねぇ・・

全 315 件    ページ[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 .. 最後 | ] 上へ


MiniBBS-EX 2.00