NSXの掲示板

NSX関連の掲示板です。
特に限定しませんが主にNSX関連の話題が中心です。
なお、画像は1枚300KB×10枚までで掲載できます。
暗証番号により掲載内容を簡単に修正できるので
お気に入りの写真をアップしてみてください。
名前
Eメール
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文 改行 無効 有効
タグ 無効(URLの自動リンク有効) 一部のタグ有効

ヘルプ
添付画像
ファイル
設定保存   
[最新の状態] [ホームページへ]


全572件 ( 29ページ )    ページ[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 .. 最後 | ]
続・6速ミッション 引用
2020/5/29 (金) 20:03:34 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1590750214

最終的に50セット入荷した
T3仕様OS4.4ファイナルLSDキットですが
残り僅かでほぼ完売。(残り数台です)

OS技研は
「次ロット製作はいつにしましょう!」と言うけれど
さすがにすぐに何十台も需要が無いし
まだ組み立てていない6MTも多いので
それらが一段落した頃に次ロットの製作を依頼しようと思っています。
順調にいって再来年くらいかな。

そんなわけで
目の前に積まれているLSDキットは売約済みがほとんどだけど

このキットを組み込んだ6速ミッションは
まだ全て完成していなくて
純正部品の入荷と
ファクトリーの作業状況に合わせて組み立てを進めていますが
まだあと10機くらい新品6MTを組む予定で

このあと
AT→MT換装と5MT→6MT換装が重なっているので
とりあえず5機 組み立てることにする

ミッション組み立てみたいな単調な作業は
まとめて数機行った方が効率良いので
現寸場のミッション作業場で5台同時組み立て。

工場2階の現寸場倉庫に作ったこの作業場は
なにしろ環境が良い。
明るいし
エアコン入れたから空調完備だし
一般的な3階の高さだし窓を閉めてるから砂埃などが入らないし
すごくクリーンな環境で作業できます。

ミッションの部品は
ギアやシャフト ピンやネジなど
1台分で相当量の部品数になるんですが
これを全て揃えて開封して作業台に並べていく。

5台分ともなれば
部品を並べるだけでかなりのスペースが必要だけど
この作業場ではそれが可能。
白布を張った作業台の上に部品をどんどん開封して並べて置いて

内部部品としては大物であるギア類をシャフトに組んで
メイン&カウンターシャフトをまとめて仕立てて
シフトフォークやリバースギアセットなどを組み立て。

ミッションケースにベアリングや小物部品を組んで

ステンレス板を張った作業台の上でケースにシャフト類を組み込んで
ミッションを組み立てていく。

この作業台環境も我ながらグッドアイデアで
作業台の上面に3ミリほどの固いステンレス板を貼ると
重量があるミッションも滑るから
作業台の上でミッションケースの向きを変えるのが楽。

さらに
作業台の足にはキャスター付けてあって
ミッションが完成したら
天井の鉄骨に取り付けた小型電動ホイストの下まで作業台を移動して
ミッションをウィンチで上げておいて
作業台をどけてミッションを降ろして台車に載せる。

こうすれば
重たいミッションを人力で持ち上げなくてすむので
疲労も危険も非常に少なくて作業が出来る。
この新組6MT製作は私が作業担当。

NSXの6速ミッション
いままで何十機組んだだろう・・

もう、内部部品は見慣れちゃったし
作業手順も最大効率に達したと思う。

だから
ネジやバネなど5機分ザラザラッと白布の上にばらまいても
迷うこと無く必要な物を拾い出して組み立てていける。
もう、整備書なんて何年も見ていない。

人間の疲労軽減と作業する危険性を無くすため
T3ファクトリーには色々なアイデアを盛り込んできましたが
このミッション作業場は「たどり着いた・・」感じです。

そんなわけで
ここまでは私の仕事で
完成したミッションを現車に換装作業するのは大久保にバトンタッチ。

私はまた
やらなきゃならない作業と打ち合わせに追われているので
ちょっと忙しくなりそう。
中二階の環境も手を入れなきゃ。
でもまあ
けっこう楽しい。

O2センサー交換について 引用
2020/5/22 (金) 17:56:51 - n2 - UQ036011225013.au-net.ne.jp [36.11.225.13] - No.1590137811

1991年式のMT車に乗っています。昨日、高速道路を走っていたらエンジンチェックランプがいつの間にか点灯していたのでなるべくエンジンを回さずに帰ってきて自己診断モードでチェックしたところエラーコード44で、これといった体感できる不調も無いのでO2センサーの故障だと思うの
ですが、他に原因になりそうなことはあるのでしょうか?

また、純正ではなく海外のデンソー工場製のO2センサーがあるようなのですが、品質的に使用するのはやめておいた方がいいですか?https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B01GF6Q5BA/ref=ox_sc_saved_image_2?smid=A189RFO2STIAV2&psc=1

早々にありがとうございます<(_ _)> 引用
2020/5/21 (木) 22:07:52 - てるちゃん <ugurukitaarupusu@yahoo.co.jp> - KD111239182234.au-net.ne.jp [111.239.182.234] - No.1590066472

こんなに早く返信して頂き恐縮です、本当にありがとうございます<(_ _)>
リフレッシュに出すか、マニュアルミッションに換装するか、いろいろと悩んでます。
今後共、どうぞ宜しくお願い申し上げます<(_ _)>

AT不具合 引用
2020/5/21 (木) 14:00:59 - てるちゃん <ugurukitaarupusu@yahoo.co.jp> - p254233-ipngn200403oomichi.oita.ocn.ne.jp [153.176.159.233] - No.1590037113

はじめまして、お忙しいところすみません。一般の中古車店で2018年10月に購入しました、NA1、H3年5月、車体番号1002163の個体です。いろいろとディーラー等で整備してきましたが、今でも1時間前後走るとATのDレンジが点滅しだし2速発進となったり(早くアクセル開ければ1速より発進します)又、Dレンジは点滅しませんがチェンジタイミングが3000回転位まで上がったりします。一度エンジンを冷やしたり、ヒューズを抜きリセットすると又正常の調子に戻ります。主な整備履歴ですが、エアコンR134a交換、メインリレー交換、ATF交換、ATソレノイドバルブ交換、ヘッドカバーシール交換、ラジエーターホース関係交換、セルモーター&オルタネーター交換、ステアリングスイッチ、プラグ、イグニッションコイル交換、エンジン&ミッションマウント交換、ヘッドライト&ホーン交換、ファーストアイドルバルブ&エレクトロニックエアーバルブ交換、ATECU交換等です。Dレンジ点滅時でもメーターパネル内、EPS等は正常に作動致します。何か気になるところがあれば、ご教授頂ければ大変ありがたいです。どうぞ宜しくお願い致します。

近況 引用
2020/5/20 (水) 19:08:23 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1589969304

中二階工事も一段落して
T3ファクトリーは日常に戻りはじめています。

中二階製作は屋内で工事が入るから
一時的に入庫台数を抑えていたんだけど
月末にかけて
重整備にくわえて
車検の依頼が重なっているので
少し忙しくなりそうですが
それにしても久しぶりに屋内は余裕。

先日預かったビートの整備が終わって
車検取得のため継続検査。

軽自動車の車検を取るのは「軽自動車検査協会」で行うんですが
幸いなことにT3ファクトリーは八王子の検査協会が割と近く
軽自動車の車検はずいぶん気楽です

なので津久井さんが「私が行ってきます!」というので
任せることにした。

車検が切れて数年間経過してるので
自賠責保険を入れて
市役所で仮ナンバー借りてきて
公道を走れる様にして車検に向かう。

1人で車検に行くようになったかぁ
うちの娘も頼れるようになったなぁ・・なんて思っていたら電話があって
「点検記録簿忘れて書類不足でした!戻った方が良いでしょうか!?」
とのこと。
そうきたか・・
「いや、こっちから記録簿もって向かった方が早いから駐車場で待ってて」
と、伝えて会社のFITで検査協会へ向かう。

記録簿を渡して
そのまま検査を眺めていると
まあ、手際よくテキパキと検査コースを通している。

基本的に普通車も軽自動車も検査コースで行うことは同じなんだけど
下回り検査が
普通車は地下のピットから行うのが
軽自動車はリフトで上げて検査官がチェックする。

これは
車重が軽い軽自動車ならではなんでしょうね

だけど
ドライバーが乗ったままのクルマを
1本支柱のリフトで1.5メートルくらい上げるから
初めて検査に行ってクルマごと持ち上げられるとビックリする。

無事に検査ラインを出てきた津久井さんは
真っ赤な顔をして
「ビートさんエアコン壊れてます!むちゃくちゃ暑いです!
 豊泉さん 帰りは暑っつい方乗って帰りますか?」とのこと。

お?おお・・ビート乗ってみたかったからいいけど・・
と、言うわけで
津久井さんは涼しい顔をしてFITで帰路につく。。

帰り道ビートを運転してみると
確かにエアコン効かない・・暑い・・
というか、それどこじゃなくアクセル大きく開けると
カリカリカリカリ!!とノッキングが激しく恐ろしくて急加速できない。

このビート
数年間ボディカバー掛けてカーポート保管だったから
ガソリンの臭いも排気ガスの臭いも明らかに変で
燃料の腐敗かもしれない

車検整備を行った市川が言うには
プラグも点火時期も正常だったらしいから
ガソリンが怪しいと思うんだよなぁ・・
車検取って公道を走れるようになったし
ガソリン入れ替えて走行テストだな。

と、言うわけで
可能な限りガソリン抜いてハイオクを20リットルほど入れて
近所を試乗してみると
見違えるようにエンジンは快調でノッキングもキレイに消えてしまった。

腐敗したガソリンって
燃えるんだけど
オクタン価が下がると言うことなのかなぁ。

そんなわけで
エアコン問題は残ってるけどビートは一段落。




先日
エンジン降ろしメンテナンスを行ったお客さんのNSXで
VTECのスプールバルブソレノイドが錆びてるので
塗装してキレイにしたいな・・と話があり

塗装してもまた錆びてくるだろうし
いっそのこと
アルミ削り出しでカバーを作って被せちゃおうか?
と思って
採寸して図面書いてソレノイドカバーキャップを作ってみた。

純正のソレノイドカバーにギリギリ寸法で作って
デザインを変えたりせず
あくまで純正風にアルミ削り出しで仕立ててみたら
あんまりにもキレイに削り出せたので
アルマイトは数色試してみた。

赤よりも深く濃い「ボルドー」
アルミ素材の切削目が美しい「クリア」
一応試してみた「艶ありブラック」
T3TECで定番の「ガンメタ」
ちょっと実験「シャンパンゴールド」

この中では「ボルドー」が意外に良い感じ。

オーナーさんに「どの色が良い?」と訊いてみて
今回は「ボルドー」を選びました。

取り付けは接着で
強力に貼り付ける必要は無いので
キャップの底に液体ガスケットをちょっと盛り付けて
そのままスプールバルブにキュッと被せて完了。

うん、T3定番になるチャコールカラーの結晶塗装と
ボルドーの組み合わせは悪くないかも。

スプールバルブのソレノイドは
前期後期で2種類あって太さが異なるので
2種類作ってみました。

あと、青系のアルマイト色を見てみたいとのリクエストがあるので
これを試してみて
T3TECのロゴでも入れて商品にしてみようかと。
これはあらためて紹介しようと思います。
エンジン降ろしメンテナンスの際には
錆びも見えなくなるし良いんじゃないかなぁ。

NA1-Rのセンターコンソールパネルについて 引用
2020/5/20 (水) 01:06:34 - ま&#12336; <yuu_shin_mum@yahoo.co.jp> - sp49-96-4-250.mse.spmode.ne.jp [49.96.4.250] - No.1589902594

いつも拝見させて頂き大変勉強になります。
ご多忙のところ申し訳ございませんが、1点教えて頂きたく存じます。
NA1-Rのセンターコンソールパネルは、AT用と共用(互換性あり?)でしょうか?
品番が違うのですが、互換性の有無を教えて頂けませんでしょうか?
よろしくお願いします。

中二階計画 引用
2020/5/13 (水) 18:01:03 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1589360463

こんにちは、TYIZです。

以前から計画していた
工場の一部改装工事を行っています。

先日ちょっと紹介したけど
T3ファクトリーの
入り口を入ってすぐ右側
機械加工場とエンジン作業場の上に巨大な棚を作る計画。

T3ファクトリーは
預かり車輌は全て屋内保管を基本としていますが
預かり台数が20台超えたりすると
車輌は屋内に入りきれるんだけど
外した部品の置き場に困ることも多く

特に
シートとかバンパーとか 傷や汚れを避けたいモノを
どこに置くか・・というのは
自動車整備業を行っていると必ず悩む問題なんです。

幸い
工場の二階には100坪の現寸場倉庫があるから
長期使わないモノなどは現寸場に上げてしまっても良いんだけど
一時的に外して数日で戻すモノなど
安全な置き場所が欲しくて
中二階を作ることにしました。

鉄骨を組んで
すでにコンプレッサーが載っている部分を延長する方法で
広さで14畳くらいのスペースが出来るから
棚やキャビネットを使って立体的に収納すれば
かなりのスペースが得られるし
作業スペースも出来ると思う。

中二階の設計と製作は
建設業をやってる大家さんにお願いして鉄工所の業者さんに作ってもらう。

あらかじめ
フレームになる鉄骨部品や階段などは工場で作ってきて
これを
T3TECの定休日である昨日今日で組み立てたんだけど

まあ〜素晴らしい手際の良さ。

レーザー光を使った位置出し装置で建物の鉄骨部にマーキングして
ブラケットを溶接し
鉄骨材はクレーンで吊ってブラケットに載せて柱を立てて
ヤグラを組んだところに階段を取り付けて
上面にデッキプレートを張って
人が上を歩けるようになるまで一日で出来ちゃった。

まだ、手すりが無いただのヤグラだから
端の方を歩くのは怖いけど
こりゃあ素晴らしく広いスペースが出来そうだ。

鉄工所の職人さんが
ヤグラの製作
手すりの製作、細部の溶接仕上げと下塗り
大工さんが床板を張る
塗装屋さんが上塗りする

と、言う行程で作業は4日間で全て終える予定で
週末には完成しているはずです。


そういえば
鉄骨材同士をボルトで固定する際に
ナットを締める工具「シャーレンチ」にちょっと感動。

T3ファクトリーも元々鉄工所だから
強固な鉄骨材で組まれているわけですが
それらを繋いでいる膨大な数のボルトナットは
どうやって絞めてるのかな・・と漠然と疑問に思ったことはあったけど

シャーレンチという特殊工具を使っているんですね。
これ、Webで調べれば作業事例動画とかあるけど

専用形状のボルトの先端を掴みながらナットを締めて
規定トルクに至ったときにボルト先端をねじ切って切断する。
と言う方法で
ボルトを掴んでナットを締めるから
作業者の手には反トルクがかからないわけだ。
20キロ近い締め付けトルクでナットを締める作業が
電動工具片手持ちで軽々出来るんだから素晴らしい!
この方式を考えた人はホントにスゴい。

近況 引用
2020/5/12 (火) 15:35:12 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1589265312

こんにちは、TYIZです

世の中コロナ騒ぎで大変な状況ですが
幸いなことに
T3TECはスタッフに感染者は出ていなくて
仕事面でも大きな影響は無い様子です。

私の手が作業でかかりきりだったから
掲示板に載せる作業記録もあまり作ってないんですが
実は面白い作業は多々起きてました。

珍しく山口県から2台入庫中で
どちらもエンジンのヘビーメンテナンス作業。
いま
エンジン降ろしメンテナンスは
一ヶ月に2台のペースで進行中ですが
いまのスタッフ数ではこれが限界ですね。

エンジン降ろしメンテナンスの予約的には
数十台依頼をいただいているんですが
オーナーの希望を聞いて予定を組んでいるので
スポット的に入庫受け入れは出来ます

そのくらいの余裕を設けておかないと
エンジンブローとかの緊急入院が受けられないですから。

NSXのオーナーで
ビートも所有している方ってけっこういるんですが
先日
黄色の極乗車みたいなビートが
整備と車検のために引き上げ入庫しました。

事情があって数年間眠らせていたので
復活のため
整備と車検を依頼されたんだけど

ボディに全く錆が無いし
これは素晴らしく綺麗だな・・と思ったら
走行距離で1万キロ走っていない。

こりゃ激レアの極乗車だろうなぁ

駐車場の移動のためちょっと乗ってみると
旧規格の軽自動車だから
とにかくコンパクト。

津久井さんが
「私が車検行ってきます!」と言うので
任せることにした。

一応
ビートの後継モデルがS660と言うことなんだけど
これは
全然違うテイストのクルマですね。

車検とったら
私も近所を乗らせてもらおうと思う。




以前から計画していた
作業場の中二階計画が進行中。

T3TECに来たことがある方なら様子が分かると思いますが
入り口を入ると
左側に機械加工場とエンジン作業場があって

旋盤の上には
以前 変電設備のキュービクルがあった棚に
コンプレッサーやエアタンクなどの設備を載せているんですが
この棚を延長して
作業場の上に中二階を作ろうと思っていました。


開業当時は無限に広く感じた100坪弱もある広い工場も
設備も増えて扱う台数も増えて
モノの置き場に苦労するようになりました。

たとえば
作業時に外したバンパーやシートなどの大物部品とか
オイルやケミカル品などの在庫
大物で言えばダイナパック!

日頃使わないこれらを中二階に片付けられれば
ファクトリーの整理整頓もやりやすいし
やはり
良い仕事と結果には良い環境が必要だと思うから。

この中二階計画は2年くらい前から考えていたんだけど
今年の春頃に計画決断して作業を依頼して

5月連休くらいから預かり車輌の台数を減らして
荷物置き場のスペースを確保して

昨日 加工場とエンジン作業場の荷物などを一気に片付けて大移動
ついでに大掃除。

T3TECを開業してから一番の大工事になります
経過はあらためて紹介しようと思います。

オリジナルマフラーについて 引用
2020/5/12 (火) 15:05:45 - 村松真司 <shinjimura3@gmail.com> - 110.49.50.66 [110.49.50.66] - No.1589263545

初めまして!
と言いますか、何度かメールではやりとりさせていただいているもので、いつもお世話になっております。※以前には5MT→6MT換装の件で問い合わせしました、帰国の予定が立たずに御社訪問は今のところ予定が立ちません(;^_^A
この排気系の音はどこかの動画サイトなどで聞けませんか?

パワステラック修理にあたり問い合わせ 引用
2020/5/11 (月) 15:32:44 - KE - 58-3-136-86.ppp.bbiq.jp [58.3.136.86] - No.1589178764

91年式ATに乗ってます。
この度、こちらの掲示板に沢山出てますパワステのガタの修理をしたいと思います。
スペアで所有していた同様の理由にて知人が外したパワステラックをそちらに修理に依頼して届き次第自身の車両の物と交換したいと考えております。

ところが、添付写真にあります様に電極?の部品に欠けがあるのですが対処可能でしょうか?
どうぞよろしくお願い致します。

スピードメーター不調 引用
2020/5/9 (土) 21:31:59 - taka 3115 - i58-95-57-8.s41.a023.ap.plala.or.jp [58.95.57.8] - No.1589027519

いつも貴重な情報を拝見させていただいてます
130型 ATを所有しています
最近スピードメーターが実速よりも1〜2割程低く表示するようになりました。

定番のコンデンサーの液漏れかスピードセンサーが寿命なのかなと思いセンサーはディーラーにて注文済み、納期は5月末です  コンデンサーははっきりとした液漏れは確認出来ず、定番部位を交換し他のコンデンサーもテスターでチェックしましたが異常はなさそうです。
オドメーター、トリップメーターも動いているので車速信号は来てるっぽい。
パワステ警告灯も点灯せず、普通に走行は出来ます。

メーターの補正ツマミはノータッチです。

スピードセンサーの不調でこのような症状が出ることはあるのでしょうか?
何か情報があれば参考にさせて頂きたく質問させてもらいました。

7月に車検があるのでそれまでになんとか改善したいと思っております

スロットルセンサ 引用
2020/5/6 (水) 10:05:28 - つか <メール送信> - 122-223-109-124.hyogo.fdn.vectant.ne.jp [122.223.109.124] - No.1588727128

TYIZ様
掲示板、いつも拝見させて頂いております、また10年ほど前NSXを手に入れたばかりの頃も
掲示板で回答頂いて助かりました。
最近下記の症状で困っております、何かご教示頂けたらと思い宜しくお願いいたします。
症状
1)アクセルパーシャルから加速すると息付きし加速する。加速後は問題ありません。
2)アクセルを一旦離し、全閉後の加速では息付きしない。
3)チェックランプは点灯していません。
対処
1)O2センサは社外品に交換。コイルは中古を交換。(症状に変化なし)
2)スロットルセンサの電圧、導通を確認。(問題なし)整備書に記載の内容
3)スロットルセンサのカプラーを外して走行。(症状がなくなり、問題なく走行できた)
4)スロットルセンサを中古で交換した。(症状がでて、息付き走行となる)
現状
スロットルセンサカプラーを外している。チェックランプが点灯してアイドリングが1500くらいだが普通に走行できてます。

連休 引用
2020/5/4 (月) 19:36:50 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1588588610

こんにちは、TYIZです。

ゴールデンウィーク
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

T3TECは3〜5が全員休みで
スタッフ個別に休日を入れる予定なんだけど

コロナ騒ぎだし
遠出も出来ないから

私はやりたかった作業をするために出勤してます。

サーキットバージョンの
サスペンションキットの計画を進めていたんだけど
ここ最近 じっくり着手する時間が無かったから
この連休はちょうど良い機会なので

1人で出勤して地道に作業。

かねてからシャラ号NA2がサスペンションピロブッシュと
サスペンションの仕様変更を計画していたので
連休前にピロブッシュキット組み込みまでを終えて

休み中に新作ショックアブソーバーのデータ取り。

あらためて紹介しようと思いますが
サーキットバージョンは
全長調整式のショックアブソーバーを採用します。

ストリート走行では
サスペンションのストロークが重要なので
全調式のショックはどうしたってケースの長さが短くなるから
スイートスポットが狭く
私は全調式のショックって好きじゃ無いんだけど

サーキットバージョンでは
大きな路面のギャップや悪路の走行は想定外だから
サスペンションストロークは短くて良いわけだし
それよりも設定の自由度のため全調式を採用します。

当然だけど
マジメに作ると構成部品が多い全長調整式はコストがかかります。
だけど
安売りされているサスペンションキットに全調式のショックが多いのは
ショックアブソーバーの部分が
多くの車輌で共通化出来るからで
安い全調式キットのショックアブソーバーは
まず、NSX専用には作られていないと思って良いでしょう。

フルタップ全長調整式は
ケースを伸ばすとサスペンションのストローク位置が変化して
アッパーマウントとバンプラバーの位置関係も変わってきます。

ショックアブソーバーを作ってセッティング作業に入る前
これらの関係寸法を把握しておく必要があるわけで

スプリングを組まずにショックとアッパーマウントを組み立てて
これを車輌に取り付けて
フルストロークしたときの車高とバンプラバーの位置関係を計測していく。
そこから
希望の車高と有効なストローク量を狙っておいて
スプリングを組んで車高を調整していくことになります。

今回はその下準備なんだけど
これに丸二日かかってます・・

なので
明日も出勤して走行出来るくらいまでセットして
その後 アライメント調整して実走行の準備かな。

今回のサーキットバージョンのショックアブソーバーは
基本的には
いま、気に入っているストリートバージョンの減衰力特性の延長で
ストローク量を減らして
12〜14キロくらいのスプリングに合わせていこうと思ってます。

街乗りはしんどいと思うけど
フラット路面のサーキットではゴキゲンだと思います。

エキマニ交換のみの効果について 引用
2020/5/3 (日) 11:39:32 - EGK <hidraw2001@yahoo.co.jp> - 58-3-136-86.ppp.bbiq.jp [58.3.136.86] - No.1588473572

TYIZさま
いつも拝見いたしております。
今回給付金も出る事ですし、エキマニと触媒のみ交換を検討しております。
NA1 ATフルノーマルです。
デールエンドパイプのデザインが気に入ってるのでマフラーは純正を使用したいと考えておりますが、それであればやめた方がいいとかありましたらご教示お願い致したく、ご意見宜しくお願い致します。

このコネクターは何でしょう? 引用
2020/5/2 (土) 12:20:32 - タク@大阪 - 121-87-90-195f1.osk2.eonet.ne.jp [121.87.90.195] - No.1588389632

お世話になります。
ラジエターシュラウドの中央についている、グレーのコネクターは何用でしょうか?
バンパー外す時は気が付かなかったのですが、シュラウドを取り付ける際にアレっ?と、
こんなのあったかな?となりました。
このあたりで外したのはウォッシャーポンプと外気温センサーだけのはずなので
初めからこの状態だったと思うのですが。

家でのんびり過ごすGWははじめてで
先日、色々作業をしようとNSX.comで純正部品を買い込んだのですが、
8MMのクリップも10個あれば大丈夫かな?と思って購入しましたが、
それ以上に壊してしまった気が。
このクリップは新しいうちはシッカリ取り付けできるのに簡単に外せて、
やはり再使用はNGなのですね、きっと。

前後スタビ交換について 引用
2020/5/1 (金) 14:10:22 - 鶴巻 <メール送信> - M014009161224.v4.enabler.ne.jp [14.9.161.224] - No.1588309822

こんにちは。
北海道もNSXのシーズンが始まりました。
三密を避ける為NSXでドライブに行こうと思っても、道の駅はトイレすら開けて無い所もありなかなか厳しい連休となりましたね。

本題です。ら
冬の間に、フロントにRのスタビ、リアにSのスタビを付けようと思って揃えてました。
先日、自分で交換しようと思っても固定ナットが固すぎて緩められず、これは無理に交換しようとして壊す位ならタイヤ交換とオイル交換のついでにディーラーに任せようと思い預けてました。

ですが、整備士の人から電話があり、供回りしない様に六角レンチを差す部分が錆が酷く左右で六角レンチのサイズが違うくらいボロボロで固定して緩める事が出来ないので、7月の車検の時にリフレッシュもかねてリンク事やりませんか?って話になりました。
やはり30年近くが経過する車だけあり、固着とかもあるんだなって感じました。

やはり、整備士の言う通りリンク事交換した方が無難でしょうか?

メーターの異常、修理検討 引用
2020/4/28 (火) 11:02:10 - 瀬戸千代幸 <メール送信> - sndr3.ul-yw.ulvac.com [118.151.156.188] - No.1588039330

93年式クーペ(AT)を所有してます。
別け合って、3年前がらナンバーを切って車庫で保管状態にしてます、時々エンジンをかけて動かしたり、洗車する程度でしたが、昨日、バッテリーを充電して動かしたとき、メーターのチェックランプが多数点灯しました、今までは、テールランプの玉切れ警告は時々ついていたのですが(時間がたつと消灯していた)今回のような状態は初めてです。
また、バッテリーをつないだだけでテールランプが点灯したり今までと違う症状が出ています、また動かすときは、メーターOH必要と思っていましたが、この様な症状が出ている場合、メーターのOHで完治できる物でしょうか?

ご意見いただければ幸いです。

パワステOH 引用
2020/4/26 (日) 19:56:00 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1587898560

NSXのパワステで頻発するのが
ステアリングを回した初期に「ガクッ」となるアシストのガタ。

この、アシストのガタに関しては修理が確立して
修理方法も第3世代くらいに進歩しています。

だけど初期の頃
修理完了したラックには
どうしても動きの良い固体と渋い固体があって
ガタは消えて普通に走れるんだけど
ラック単体で動作検証すると妙な感じがあったんだけど
これの解決法も見つけて

さらに
内蔵モーターが出すキュルキュル音やジージー音も
ほぼ新品状態にまで穏やかにする方法も見つけました。

パワステラックOHは
T3TECに直接入庫してラックOHするパターンもあるけれど
いまは
ディーラーさんや中古車屋さんからの単品整備依頼が増えて
毎月数台ラックのOH依頼を行っていて

単体修理受付はnsxnetでも行っています
https://www.nsxnet.com/parts_detail.php?pid=8760


先日 珍しいことに
他業者で分解整備をしたラックがトラブルを起こしたそうで
立て続けに3台 再修理依頼がありました。
NSXのパワステを分解整備する業者なんて滅多にないはずだけど
このパワステの動作構造を理解して
細部まで整備が出来る業者はまず無いでしょうから
治しきれていない固体が時々あるんだけど
その再修理依頼が重なるのは珍しい。


1台目はホンダディーラーさんからの依頼。
他業者でラックのOH直後はガタも消えて動作していたんだけど
途中からエラーが出るようになって
人伝にNSXに関してからここへ問い合わせろ・・と
T3TECを紹介されたそうで
車輌ごと入庫。

事前にディーラーの担当さんから電話相談があった際に
パワステコンピュータ自己診断のエラーコードは22番と言うことで
22番はモーター駆動関連のパワー系エラーだから
ラック内部に浸水したか車内のパワーユニットが壊れたか・・の
可能性があるので
正常なパワステコンピュータとパワーユニットを貸し出して
チェックしてもらったところ
やはりエラー22が出るとのことで入庫してきました。

原因はラック側と思われるから
さっそくラックを降ろして分解してみると

ガタに関しては対処してあったけど
モーターを手で回してみるとスゴく重く
ブラシが接触するコミュテータが真っ黒焦げ。

これは通電不良でエラー22が出るかもなぁ・・

原因は
コミュテータとカーボンブラシが油分を含んでしまったことで
その油分はどこから来たかというと
分解整備で油分を付着させてしまったか
ベアリングのグリスが飛んだか。

カーボンブラシは油分を吸いやすく
パーツクリーナーでは表面しか洗浄できないから
脱脂するにはちょっと荒技を使います。

油分が焦げ付いたコミュテータは
旋盤で真円に仕上げて磨く。

操舵の際に
モーターが出すキュルキュル音は油分が焦げ付いた摩擦が原因で
ジージー音は
コミュテータが段付き摩耗していてブラシが踊る音が原因で
初期の頃はコミュテータを真円にするのが難しかったんだけど
簡単で良い方法を見つけました。

これらの対処で
モーターの回転は静かで滑らかで軽くなります。

同時に
グリスが漏れはじめているベアリングを交換。

これはJIS規格のベアリングだからNTN製を使う。
この手のベアリングには
内部グリスが漏れ出さないよう
側面にゴムシールが組まれているんだけど
このシールが
内輪外輪に接触しているタイプと非接触のタイプがあり
NSXの電動パワステでは非接触が使われています。

これは
モーター回転動作の軽さを狙ったモノで
接触タイプシールのベアリングは
手で回してみてもやっぱり回りは重いんです。
でも
純正同様の非接触シールを使えば
経年老化で液状化したグリスが漏れ出すのは仕方がないことで
新車生産からいまの時代になって
内蔵モーターのトラブルに繋がってきているようです。

当然
接触型シールのベアリングを使えば耐久性は高くなるけれど
ラック単体で動作テストを行うと
やっぱり操作が重くなる。
以前
実験で接触シールベアリングを使ったことがあるけれど
ラック単体での動作検証では操作が多少重く感じるけれど
車輌に搭載してしまうと
ベアリングのオイルシールごときの摩擦より
タイヤと路面やら
様々な動作部分の荷重の方がはるかに大きいわけで
操作に違和感などは全く感じませんでした。
そりゃあ、そうだろうなぁ・・

でも一応
T3TECでラックOHの際には
純正同様の非接触シールのベアリングを使っています。
20年くらいはノントラブルで動いてくれるでしょうから。

このラックがもう一度分解整備の時期になる頃
俺は現役引退しているかもなぁ・・

そんなわけで1台目のパワステは
通常通り組み立て作業を進めて車輌に搭載し
動作確認すると
当然だけど極めて正常。
完治してオーナーの元に帰っていきました。

ガソリン給油 引用
2020/4/26 (日) 15:02:09 - こうじ - KD027095118191.ppp-bb.dion.ne.jp [27.95.118.191] - No.1587880929

TYIZ様、いつもお世話になっております。
昨日の事ですが、ガソリンを給油後、ノズルを引き抜くと、車両の給油口の中からダラダラとガソリンが流れ出てきました。
少しこぼれたかなと思っていたのですが、その後も2〜3分間程度ダラダラとズーッと流れ出て来ましたので、
スタンドの係員を呼んだのですが何を訊いても「大丈夫です」の一点張りで意味が良く解りませんでした。
暫くすると、給油口の部分でガボガボっと、内部からガスが抜けるような感じがあって、止まりました。
車両下のコンクリ面には、バケツをひっくり返したような感じにガソリンが広がってしまいましたが、
これって一体何だったのでしょうか?

ブレーキ交換ありがとうございました 引用
2020/4/24 (金) 10:15:09 - 大澤 <メール送信> - 122-223-145-247.east.fdn.vectant.ne.jp [122.223.145.247] - No.1587690909

ブレーキとてもよく効きます。
早速そのあとツインリンクもてぎで走行したのですが、3速のギアにシフトダウン時、ギアが入りずらいのですがこのままにしといて大丈夫ですか?
普通のドライブでは問題ないのですが。。。
クラッチがちゃんと踏めてないのかな?

それともシンクロですかね?

一度シンクロ交換したような気がします。当時豊泉さんが昔の職場にいた当時?
してないかな〜
覚えていない。。。

コロナウイルスに気を付けてお仕事頑張ってください

全 572 件    ページ[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 .. 最後 | ] 上へ


MiniBBS-EX 2.00