NSXの掲示板

NSX関連の掲示板です。
特に限定しませんが主にNSX関連の話題が中心です。
なお、画像は1枚300KB×10枚までで掲載できます。
暗証番号により掲載内容を簡単に修正できるので
お気に入りの写真をアップしてみてください。
名前
Eメール
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文 改行 無効 有効
タグ 無効(URLの自動リンク有効) 一部のタグ有効

ヘルプ
添付画像
ファイル
設定保存   
[最新の状態] [ホームページへ]


全743件 ( 38ページ )    ページ[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 .. 最後 | ]
AT不調について 引用
2021/9/19 (日) 11:42:25 - レッドNSX - 122x213x155x195.ap122.ftth.ucom.ne.jp [122.213.155.195] - No.1632019345

いつも掲示板楽しく拝見させていただいております。

実車を見ないとわからない話とは思いますが
現在、ATの不調に悩まされています。
わかる範囲でご教示いただければ幸いです。

症状は、山道の上りを流していると3速から4速に入らず、
そのうち3速でクラッチが滑っているような感触になり
信号待ちでDに入れてもATのショックがなく、1速に入れても発進できなくなり
路肩に寄せてエンジン止めて
一旦キーをOFFにして再度エンジンスタートすると今までの動きが嘘のように
走り出します。

3速から4速もいつも通りシフトアップして走り出すので、
ディーラーでチェックしてもらったのですがオイル量も規定通りだし
、汚れもそれほどでもなく、
原因がわからず。

メカニックの方も首をかしげるばかりで、解決策がありません。

エラーコードも出ないし、メーターのチェックランプもつかないし、
症状も出たりでなかったりなので、
電気系かソレノイドのコネクターの接触が悪いのか
というぐらいしか素人考えでは出てきません。

お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。

92R/02R用フロントサイドフレームバー 引用
2021/9/19 (日) 03:19:30 - カズ@米国 <メール送信> - v133-18-227-214.vir.kagoya.net [133.18.227.214] - No.1631989170

TYIZさん、パーツカタログで見たのですが、ご質問があります。

==========
品番:74671-SL0-900
【追加購入推奨部品】
74673-SL0-900 フロントサイドフレームバーブラケツト/R
74674-SL0-900 フロントサイドフレームバーブラケツト/L
60831-SL0-900 フロントタイダウンフツク/R
60931-SL0-900 フロントタイダウンフツク/L
93406-0802505 ボルトワツシヤー/8X25 4個
74147-SL0-900 ラジエターダクト/(リトラ仕様)
※固定ライトはラジエターダクト共通
==========

74671-SL0-900、74673-SL0-900、74674-SL0-900と93406-0802505(x4)は手元にあるのですが、
60831-SL0-900、60931-SL0-900と74147-SL0-900が必要だというのは知りませんでした。

こちらの3点はクーペとRでのラジエーターダクトの形状の違いから来ているのでしょうか?
もしこの3点がない場合、リトラのクーペにフロントサイドフレームバーを付けようとすると
既存のラジエーターダクトと干渉したりして、加工しないと取り付けられないということでしょうか?
この問題はリトラのクーペだけで固定ライトのクーペの場合はこの3点が不要なのでしょうか?

いろいろ調べてみたのですが、どうもはっきりとした回答は見つけられませんでした。
ご回答いただけると幸いです。

ATカムでのお尋ねです 引用
2021/9/12 (日) 18:50:13 - 九州より - 49-156-220-163.ppp.bbiq.jp [49.156.220.163] - No.1631440213

無礼な質問で申し訳ございません。

以前掲示板に出ていたATカム加工の検証結果等は進んでいるのでしょうか?
気になっていますので。。

アイドリング不調 引用
2021/9/12 (日) 01:34:39 - ゆう - c197146.net180131.cablenet.ne.jp [180.131.197.146] - No.1631378079

いつも拝見しております。
過去にこちらの掲示板にクラッチトラブルで相談してご教授頂き非常に助かりました。
本日アイドリング不調のトラブルがありましたのでまたご教授頂けると助かります。
当方NA1 平成3年式 AT改5MT(15年以上前に前オーナーにて載せ換え済)現在走行距離166,000KW程度

先週の日曜に2時間程度走行中に信号待ちから走り出して直ぐに突然吹けない感じ(アクセル踏んでも反応が重い感じ)がして直後にエンジンチェックランプ点灯したので脇に寄せて停車、この時エンジンは止まらないけどアクセル踏んでもやはり吹けは重い感じ
一度エンジン切って3分程度してから掛け直したら特に吹けも問題なく(エンジンチェックランプも点灯せず)走行出来たのですぐ帰宅しました。
 本日、また2時間程度走行していた時に信号待ちから走り出したらまた急に吹けない感じがして(今度はエンジンチェックランプは点灯せず)脇に寄せたところ、アイドリングがハンチング?回転数が0付近まで落ち込み直ぐに2千回転程度まで軽く吹けてまた0付近までの繰り返し(この時エンジンは辛うじて止まらず)
バックミラーで後方を見るとマフラーから少量の白煙と生ガスのような臭いがしてきました。
一度エンジン停止してすぐ掛け直してもやはり同じ症状があり再度エンジン停止
5分程度してから掛け直したら今度はアイドリング安定(700回転程度で安定)白煙等もなく直ぐに帰宅しました。

エンジンチェックランプのエラー確認は時間が無くてまだ未確認です。
2年前にショップでプラグは交換済
昨年8月にフューエルポンプとフューエルフィルター、フューエルホース、オルタネーターを交換
その時にインジェクションコイルの状態は確認して特に問題なかったので交換等はしてません。

上記の状態から何か解ればまたアドバイス頂けると幸いです。

よろしくお願いいたします。


タイプR純正ステアリングについて 引用
2021/9/3 (金) 19:36:50 - のぶ <メール送信> - pw126253108016.6.panda-world.ne.jp [126.253.108.16] - No.1630665410

はじめまして、内容の濃い情報ばかりでとても勉強になっております。
タイプR純正ステアリングについて、NA1はモモのコルセ、NA2はモモのチューナーベースに、ナットが6→9つに変更されていると理解しておりました。
しかし、ホンダのウェブサイトでステアリング径360mmという表記があり、
それが事実とするとモモのコルセとチューナーは350mmであり、タイプR用ステアリングは完全な専用品になるかと思います。
以上について、実際のタイプR純正ステアリング径をご存知の方がいらっしゃればご教示頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

o2センサーのコネクタについて 引用
2021/8/26 (木) 18:36:47 - よし - 133.106.55.153 [133.106.55.153] - No.1629970607

いつも有益な情報を掲示板で提供してくれてありがとうございます。
今回質問させて頂たいことがあり書き込みさせて頂きます。
今所有している91年式のNSXのo2センサーのコネクタが前のオーナーの整備先で
社外エキマニ取り付けの為に配線延長した際に用品店で売っている様な汎用品の物に
センサー、車両側とも交換されていました。 現在の状態からo2センサーを交換するとしたら
車体側のコネクタを純正に戻すか新しいo2センサーのコネクタを汎用品に変えるかしか
無いと思いますが、コネクタ単体で購入したりどの配線がどの信号用なのかを見分ける方法はありますか?

エアコンの風が時々出なくなります 引用
2021/8/19 (木) 19:37:09 - ヤス - i114-187-106-81.s41.a018.ap.plala.or.jp [114.187.106.81] - No.1629369429

いつもこの掲示板でお勉強させていただいています。

6月ごろエアコンをONしても風が出ないことがあったので
以下を交換しました。

・リレーASSY. パワー 39794-SE0-003(ボンネット内の2個)
・オートエアコンディショナーコンピュータASSY 79610-SL0-A02

しかし先日、暑い日に3時間ほど連続でエアコンを使って
いたところ途中から、ブロアーファンが回転しなくなりました。
風量をMAXにしても風がでない症状です。

室内循環から外気にすれば、外気の風で僅かながら冷気が出ていました。
仕方ないのでその日は、エアコンオフして帰宅しました。

翌日に乗った時には風がでるようになりました。今のところ症状なし。

次回、再発した場合はどこを見ればいいかおわかりでしたら
教えていただくと助かります。よろしくお願いいたします。

オイル交換 引用
2021/8/18 (水) 14:40:07 - nA1 - om126158217092.30.openmobile.ne.jp [126.158.217.92] - No.1629265207

初歩的な質問で申し訳ないですがNSXのオイルってエンジンオイル、ミッションオイル、デフオイルと全て別々に交換しないといけないのでしょうか?
もしかしてミッションオイルとデフオイルは同じ?
教えて頂けるとありがたいです。

燃料タンクについて 引用
2021/8/15 (日) 09:48:07 - 長野の織田 - KD106173189131.ppp-bb.dion.ne.jp [106.173.189.131] - No.1628988487

ご無沙汰しています。
長野の織田です。
なかなかコロナが収まらず、そちらに行けませんが、皆様、お元気そうで何よりです。
私のNSXも、もうすぐ20年になりますので、そろそろ燃料タンクを交換しようかと思っています。
そこで、作業はT3TECさんにお願いしたいのですが、燃料タンクは、まだあるのでしょうか。
NSXNET.comを見ても、よくわからず、質問してしまいました。
もしなければ、リビルト、修理などの方法があれば、教えていただきです。
よろしくお願いいたします。

夏休み 引用
2021/8/11 (水) 17:12:49 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1628669569

こんにちは、TYIZです

13日までT3ファクトリーは夏休みですが
先日
工場の天井照明をLEDに交換しました。

休み前に納車を進めて預かり車輌を出来るだけ減らして
高所作業車を入れて天井の照明を
水銀灯からLEDに交換。
さすがにこれは業者さんに依頼。

T3ファクトリーは平成の始まり頃の造りだから
当時のままの水銀灯が12個ほど吊り下がっていて
クルマの整備にはこれじゃあ暗いから
柱に蛍光灯を縦に多数設置して明るい作業環境を実現していました。

だけどさすがに水銀灯の寿命なのか
今年に入って2個ほど点かなくなったので
LED照明に変更。

水銀灯の形状を代替えできるタイプのLED照明なんてのがあるらしく
天井に14個設置しました。

消費電力は1/3くらいだけど劇的に明るい!

これと蛍光灯を併用すると
夜だって昼間みたいに明るい環境で作業が出来ます。

いまの季節はまだ良いんだけど
冬場 日が短くなると夕方からの暗さが辛くなるから
この明るい環境は作業性も向上するでしょう。

今年も猛暑だけど
もうしばらくすれば峠を越えた感じで過ごしやすくなってくると思います。

そうなれば
クルマが楽しめる季節になってきますね。

リトラヘッドライトの種類について。 引用
2021/8/10 (火) 18:51:45 - mrkw - 7c295182.i-revonet.jp [124.41.81.130] - No.1628589105

いつもお世話なっております。熊本のmrkwです。

リトラのヘッドライトライトの話題が出たので便乗です。
ハロゲン用ヘッドライトASSYは3種類ほど品番があるのですが、違いは何なんでしょうか?
流用可能であれば良いのですが、流用不可で有れば今着いてるのがどれなのか見分けないといけないなぁと思いまして。
宜しくお願い致します。

光軸調整について 引用
2021/8/4 (水) 15:52:39 - ミシガン - 68.118.91.183.cc9.ne.jp [183.91.118.68] - No.1628059959

いつも貴重な情報とお話ありがとうございます。
ちなみに私のは平成2年12月の748です。
雑誌情報では1990年販売数が2025台でその内日本が744台とあります。

昨日ユーザー車検に行って来ました。

車検項目で右目のみNG(下過ぎ)で一発合格は出来ませんでした。
NSX購入後初めての2015年に近くのテスター屋さんで左右共に調整して頂いてその後
2回問題無く合格していたのでそんなにずれるものでは無いと思い、
光軸はそのままで車検を受けました。 よって自分ではリトラの光軸調整は
行ったことが無い状況です。

検査は第四ラウンドでしたが速攻でテスター屋さんに行き、戻って来て再検査、
合格の運びとなりました。良かったです。

今回テスター屋さんで少し気になる事がありました。
リトラの調整を行うのに側面2つの穴からドライバーを差し込み、回して角度調整を
行っていましたが、ドライバーを回す回数が4、5回転とは言わずかなり多い状況でした。
そんなに大きくズレるものかなというのと経年劣化が心配な調整部品が壊れたりしないか心配となりました。
T3TECさんのところで、この調整部品は壊れたりしている状況とか経験はございますでしょうか?私のNSXはこの部品が壊れかけているので光軸がずれてきたのかな、とか想像したりしております。(交換しておいた方がいいのかなとも)

もし可能でしたら、リトラ調整にまつわる話を紹介して頂けると有り難いです。
宜しくお願い致します。

NSX生産終了 引用
2021/8/3 (火) 18:35:43 - YF-50 - sp49-106-210-155.msf.spmode.ne.jp [49.106.210.155] - No.1627983343

売れなかったとはいえ、早い終焉に残念な気持ちです。
(買えはしませんが・・・)

https://bestcarweb.jp/newcar/308242

エンジンメンテありがとうございます。 引用
2021/8/2 (月) 22:00:38 - MS NSX - flh3-133-202-80-100.tky.mesh.ad.jp [133.202.80.100] - No.1627909238

T3スタッフの皆様方

この度は作業有難うございます。
エンジンメンテのインプレですが、やはり冷間時のタペット音は激減しました。
細かなネジ、ステー等の新品交換も見た目的に満足度が高いです。
ヘッドOHの恩恵でしょうか?自分のエンジンは本体からのオイル滲みは無かったはずですが、
エンジン停止時のオイルが焼ける様な臭いも無くなり、無臭になりました。
同時施工していただきましたT3クラッチは純正よりもはるかに踏力が軽く、メタルクラッチならではのカチっとしたフィーリングは良好です。
帰宅時に2度エンストしましたが。。早く慣れないと。
シングルテールマフラーの音質と音量に関しては、もっと早く導入すべきだったと後悔するほど感動してます。

ますますNSXが好きになりました。
今後とも宜しくお願いいたします。

ドリ練 引用
2021/8/1 (日) 15:04:47 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1627797887

来る10月8日
FISCOでドリ練やります。
https://www.nsxnet.com/search_result.php?cat_search=1&catid=28&subcatid=95

いまはこんな暑い猛暑だけど
10月にもなれば必ず涼しくなるわけで

今年も練習会やってみようと計画して
FISCOジムカーナ場を予約しました。

募集台数はいつもぐらいなんだけど
うちの常連さんとDeaDeeのお客さんで枠を確保したので
今日時点であと10台ほどなんですけど

ご希望の方
是非参加ご検討ください。

S660なら群サイが良いんだけど
NSXならやっぱりFISCOがいいですねぇ

群サイで定常円旋回出来る様になった津久井さんは
FISCOで再チャレンジみたい。
あと、TYIZ号を乗り回す気でいるようです。

近況 引用
2021/7/30 (金) 19:34:45 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1627641285

こんにちは、TYIZです

T3ファクトリーの夏休みは
8月の10〜13日です。

それまでに出来るだけ
預かり車輌の納車を進めようと思っているんだけど
なかなか思う様に進まないんですよね。

そんななか
車検で預かったNSXで珍しいことがありました。

今日 陸事に持ち込んだNSX3台とも初期型NA1なんだけど
そのうち黒の2台が
車台番号が連番でしたね。

車台番号末尾が474と475。
2台とも黒でAT
だけど
1台はMT換装してあって記載変更してあるので
車検証の車重はMT仕様の方が軽いです。


ちょっと思い浮かべてみる・・
高根沢工場で黒のNA1・AT車が2台連なって生産ラインに並んで作られていて
おそらくは日本のどこかへ離れて納車されていったのが約30年前。
それから時が流れて現在 金沢と千葉にいるこの2台が
車検でT3ファクトリーに入庫して
再び2台連なって車検の検査ラインに入る。

いくらNSXファクトリーT3でも
これは希有な事だと思う。

千葉ナンバーAT号に乗っていった津久井さんは
この2台は兄弟なんですね!「よお!久しぶり!」とか言ってるんですかねぇ!
と言っていた。

うん、そうかもなぁ 両方とも黒のATだし
同じ日に生まれた双子の兄弟かな・・(三つ子か六つ子とかかもしれないけど)
お互い30年経っても健全に走っているわけだしな。
もしかしたら2年後
またウチのファクトリーで出会うかもしれないし
NSXならではの浪漫かもしれないな。


今月に入って一時的に依頼が減っていたメーター修理でしたが
どういうわけか
ここでまとめて数台修理依頼が重なってます。

そんななか
ホンダディーラーさんから燃えたメーターが届いた。

「走行中に煙が出たので修理依頼」と言うことだったんだけど
もお、ケースが溶けていて焼け焦げた匂いで悲惨な状態・・

だけど不思議なことに
こんな状態でもタコ&スピードメーターは正常に動いていた。

でも、修理のためにケースを分解したら
完全に壊れて動かなくなることが予想されるし
依頼主に難易度が高くて重傷であることを伝えて
このまま使い続けるのは危険だし
修理した方が良いと説明して修理着手する。

案の定
ネジを外してケースを分解しようとすると
基板とケースが熱で溶着してしまっているから
バキバキッと割れながら分離していく。

予想以上に景気よく燃えてるな・・
出火元は
ワーニングディスプレイ下のいつものコンデンサー。

ガラエポの基板はかなり炭になってしまっていて
ところどころプリントパターンも切れている。

燃えかすを除去して
焦げた部品を外しパターンの断線ヶ所を調べて繋いで
導通を確認しながら新品部品を実装していく。

焼損した基板の修理では
予想外のところが断線していて
なかなか完全復帰してくれなくて苦労するんだけど

何度も燃えた基板を治していると
燃えるとココが切れるんだよな・・とか
弱点が分かってきて対処が出来る様になってくる。

というわけで今回は一度で復旧してくれた。
我ながら
変な修理技術が向上したなぁ・・と感じる。

溶けて変形しているケースを交換し
タコ&スピード、電圧計の補正を行って
外見は新品状態にまで復旧させて修理を終えました。

初期型NSXのタコ&スピードメーターに関しては
とっくに絶版部品になってしまっているわけですが

ケース関連の部品だって
いつまで作ってくれるか分からないわけで
警告灯の常時点灯とか変な症状が出たら
こんな危険な状況になる前に修理の手を入れた方が良いし

いままではメーターに関して
あえて先手の整備を推奨はしていなかったんだけど

こんなにも故障事例が多くなってきたわけだから
現在 問題なく動作していたとしても
メーターを分解整備して
消耗部品の交換と補正作業を行った方が良いのかもしれないですね。

車検やらで入庫ついででも良いし
単体での修理整備依頼はnsxnetから受け付けていますので
検討してみてください。
https://www.nsxnet.com/parts_detail.php?pid=8759

6速ミッション組み立て 引用
2021/7/26 (月) 11:53:50 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1627268030

こんにちは、TYIZです。

長期欠品が続いている6速ミッションですが
欠品していたバックギアが再製作されて
メインシャフトが4本だけ在庫あったから
とりあえず、4機同時に組み立て作業を行いました。

ミッションは多数の部品の集合体なので
お客さんから新品6速ミッションの注文があった場合
全てのミッション部品を発注すると
注文した時点でメーカー在庫がある物はどんどん入荷してくるわけですが

だけど
在庫が無かったり納期未定の部品が多く
ウチの倉庫には組み立てできないミッションの部品が膨大にあります・・

バックギアと2速ギアとメインシャフトが致命的な欠品状態だったんだけど
ここでバックギアのメーカー在庫が復活したから
4機分だけ組み立て可能になった次第です。

まだあと10機以上組み立てる必要があるんだけど
納期が見えない部品が多く
年末くらいに出来ると良いなぁ・・と期待しているんですけど。


新品部品での6速ミッション組み立てはけっこう楽しい。
ただ、膨大な部品点数で
箱に入った部品を開封しながら組み立てるんじゃあ
手間がかかって仕方ないし
作業スペースも広大に必要だから

全て開封して
ギア、シャフト、ネジ類・・などに適当に分けて
細かい部品は箱の中にごちゃ混ぜに放り込んでいく。

こういうの
初めてミッション組み立てようと思ったら
品番と部品が分からなくなってパニックになると思うけど
いままで何十機もミッション組み立ててきたので
部品を見ればナニがどこに組まれるか分かっちゃう自分が恐ろしい・・

フル新品6速ミッションを組むときに
もう、整備書なんか一度も見ない。

私のミッション組み立ては手順も調整方法も我流だけど

まずは
カウンターシャフトを組み立てていく。
今回のミッションは
Rファイナルが1機で T3仕様OS・4.4ファイナルが3機
カウンターシャフトにギアを組み込んで
プレスで締めてナットで固定

カウンターシャフト1速に関しては
リバースギアの寸法誤差を回避するため調整シムを使うんだけど
今回は4機とも一番薄いシムでギリギリ。
やっぱり
新車製作時に比べて部品精度は落ちているのかもな・・
シム調整で適切なクリアランスが得られない場合
部品を旋盤で削ってでも寸法を合わせていきます。


引き続きメインシャフトにギアを組んで完成させる。
メインシャフトはファイナルやLSDに関わらず同じモノだから
4本同じギアシャフトを完成させる

リバースギアセットを組み立てる。
これもファイナルにかかわらず同じモノだから4セット組み立て。
NSXのバックギアはシンクロ付き。
だから
バックに入れるときに「ガチャ!」とか音が出ないわけです。
そして6速ミッションになってから
シンクロの動作させ方が変わったので
クルマが少し動いている状態でバックに入れるとき
5速ミッションより6速ミッションの方がスムーズにギアが入ります。

それにしても
バックギアシステムにこれだけ部品点数を使うんだから
無駄にお金がかけられた時代の設計なんだろうなぁ。
バック時にギア鳴りが出ない様にヘリカルギアを使ってるし
そのためスラストベアリングが4個も仕込まれている・・


シフトフォークを組み立てる。
シャフトとフォークをスプリングピンで組み立てていくんだけど
これも
最近のミッションだったら溶接固定してしまうだろうところを
一つ一つ手で組み立てるしか無いんだよね。

デフとファイナルギアを組み立てる。
OSのLSDはリングギアを組んでスピードメーターギアを圧入
純正のRファイナルはデフまで分解するからちょっと面倒。


ここまで来ると
ミッションケースの中に入れる構造体が塊になって
テーブルの上に膨大にあった細かい部品がだいぶまとまってスッキリしてくる。


ミッションケースにベアリングやシフト操作レバーなどを組み込んで
メインシャフトを入れて
全長方向のクリアランス調整を行う。
これを4機連続で行ってケースとシャフトのペアを造り
引き続き
デフギアを入れてシム調整をする。
デフはテーパーローラーベアリングを使っているので
適度なプリロードをかけることで
ケースに対してセンターが出ると同時にラジアル&スラスト方向の剛性が出る。
シム調整は
デフに治具を入れて1メートルの棒の先端をバネ秤で引っ張って
起動トルク計測するという実にアナログな方法。
でもこれが一番正確。
新品ベアリングはキツ目に組むのが良いと思う。


ケースに対してメインシャフトとデフの調整が終わったら
ケースを分解して
ミッションの中身を全て組み込んでいく。
これでやっと見慣れたミッションの構造になってきた。

ケースを閉じてボルトを規定トルクで締めて
チェックボールやバック&ニュートラルスイッチとか補機部品を取り付けて
フル新品組み立て6速ミッションは完成になります。

完成状態のミッションは重たいから
組み立て作業台を移動して
天井のホイストで吊り上げて台車に降ろす。


この4機のオーナーはすでに決まっていて
アナウンス済みなんですが
まだ10機以上部品欠品のために組めなくてお待ちいただいている方がいます。
部品が入荷次第
お待ちいただいている方々に声をかけていきますので
よろしくお願いいたします。


そんなわけで
先日のAT・OHに続きNSXの駆動系の中身を紹介しました。

6速ミッションの組み立てはこんな感じで行うんだけど
この
新品ミッションを4機同時に組むのとATを1機OHするの
どっちが大変?と訊かれれば
そりゃあATを1台分解整備する方が断然難しくて大変
と、答えます。

だけど
ATのOHで
6MT新品組み立て費用の5台分を請求するわけには行かないですよね。
これが
AT・OH作業を採算ベースに載せる難しさなんです。

作業に慣れていないせいもあるけれど
ATは部品点数が圧倒的に多いのと
似た様な部品がすごく多い。
だから組み間違えや調整ミスが怖いし
だから慎重に作業すると時間がかかる・・

もっと作業経験を積んで熟練度を上げれば
ATの組み立ても積み木の様に簡単に感じる様になるのかもしれないけれど
そこに至るまで苦労が多いだろうしねぇ・・

マニュアルミッションは構造がシンプルで
調整方法と動作の理屈が分かっていれば 組める様にしか組めない。
私がミッション組み立ててると
津久井さんは
「マニュアルは積み木っすからねぇ」とお客さんに話している。
いやいや・・
この積み木は重たいし細かいしけっこう大変なんだぞ。。と思う。

ATオーバーホール 引用
2021/7/22 (木) 18:05:44 - TYIZ - Edit by 管理者 - No.1626944744

久しぶりにATのOH作業を行いました
ATを分解整備するのは実は4年ぶりくらいかな

これは
T3社内でもやりたがるスタッフがいないので
私の仕事。。
しかし
メーターみたいな電気仕事からATの分解整備まで
我ながらよくやるなぁ・・


NSXのATは
ホンダマチックという当時のホンダの独自構造のATで
これがまあ
重たいし複雑だし似た様な部品が膨大に詰まってるし
分解すればオイルでグチャグチャだし
とにかく整備性も悪くて大変。

ホンダマチックのOHは技術的には確立したんだけど
なにしろ重作業で
この作業を受け入れるのも覚悟がいるんです。

今回のNSXは
過去にファイナルギアを4.4に変更したことがあるんだけど
その時はATのOHはせずに
現在の走行距離は30万キロを超えていて

この辺でしっかりとOHしたいという依頼。

このオーナーさんは
高頻度にATFを交換しているためか
距離の割にはATが滑ることも無く普通に走るんだけど

やはり、変速ショックが大きくなっていて
特に3速に上がる際にショックを感じる。

そんなわけで
大久保がATを降ろしてくれたので
覚悟を決めてATを分解していく。

分解と部品洗浄までは
1階の工場で行って調整組み立てはクリーン環境な3階で行うことにして

作業台にATを載せてまずはバラバラにする

NSXの4速ホンダマチックは
メイン、セカンダリー、カウンターの3本のシャフトがあり
各シャフトには油圧クラッチが組まれていて
シャフトの内側に油圧をかけてクラッチを動作させる構造。

常時噛み合いのマニュアルミッションみたいな構造で
シャフトの先端から油圧をかけたとしても
1軸に最大2セットしかクラッチが組めないわけだから
1速、1速ホールド、2速、3速、4速を実現するためには3軸必要なわけです。

あとは
トルクコンバーターからの回転入力でギアポンプを回して
この油圧をクラッチに伝えるためにバルブボディシステムがある。

この油圧迷路も異様に部品点数が多く
アキュームレータ構造やボールによるワンウェイバルブとか
分解していくと似た様な部品がどんどん出てくる・・

悩むのはあとにしてどんどん分解して
洗い油で洗浄して油分を除去し
クラッチの消耗粉なども洗い流してから
工場2階の現寸場に上げて作業準備をする。

手順としては
メイン、セカンダリー、カウンターの3軸を整備完成させてから
バルブボディを組み立てて
3軸をケースに組み立てていくことにする。

3軸から外したクラッチを分解し
オイルシールを交換してクラッチディスクを新品交換し
自作の治具でクラッチの調整を行う。

おそらくは
ホンダマチックのOHでこのクラッチ調整がすごく重要だと思うんだけど
整備書では詳しく説明されていないし
どうしたって検査治具が欲しくなるので
調整治具を作った次第。

この治具も
我ながら上手く出来た
コンプレッサーのエア圧を使ってピストンを動かして
クラッチのクリアランスを計測し
基準値になる様 シム調整していく。

クラッチを分解してみると
やっぱり3速のクラッチディスクがツルツルだね。

鉄板にフェーシング材を貼り付けたクラッチ板だけど
摩耗すると鉄板同士が擦れるので滑りが出て
でも、最終的に油圧で繋がるから
変速時に「ドン」というショックになるわけだ。

1速、1速ホールド、2速、3速、4速の各クラッチを
ディスク交換と調整をして
メイン、セカンダリー、カウンターの3軸を完成させて一段落

引き続きバルブボディの整備
NSXでは時々
オイルポンプが唸り音を出しているATがあるから
今回は走行距離も多いことだし
バルブボディとオイルポンプを交換することにする。

長期間ATFを交換していないと
この油圧迷路に大量の汚れが詰まっているんだけど
今回のATは走行距離を考えると非常にクリーンで
実はオイルポンプギアも全く消耗は見えなかったんだけど

今後の数十万キロを見越しての重整備だから
メーカー在庫で部品があるウチに積極的に消耗品は交換していく


ATの組み立て作業は
エンジンスタンドにベースを取り付けた専用スタンドで行う。
これもこの作業用に作った治具

ホンダマチックは
3軸を同時にケースに組み込むのがやっかいで
これも専用治具とウィンチを使って安全確実に行う

ATはケースが3分割で
1階にバルブボディと3軸を組んでケースを閉じて
さらに2階部分に1速と1速ホールドクラッチを組んでから
3軸の先端ナットを締めてからケースを閉じる。

面白いのはパーキングのラッチ機構
パルスリングみたいなヤツに
スプリングで固定された大きなツメをかけてカウンターシャフトを固定する。
これが
パーキングレンジにシフトした状態で
過大な力がかかった場合
たとえば走行中にPにシフトした場合には
ラッチのバネが負けるからツメは噛まずにギギギ〜っとなる。

この辺がね
勢いで分解しちゃうと
組み立て時にバネの向きとか分からなくなるので要注意。

で、完成したATを工場に降ろして私の役割は終わりで
大久保に載せてもらう。

ATFを入れて馴染ませてから近所を試乗
うん、変速が実に滑らか。
アクセル一定で1−2に上がるときなんか
ショック無くスッと回転が落ちる。

新車の頃はこうだったんだろうね。
10万キロも走れば
クラッチ板はかなり消耗が進んでいて
変速時のショックも大きくなっています

このAT・OH
非常に満足度は高いんだけど
なにせ作業難易度が高くて
私の手が長期止まっちゃうしユーザーに勧めにくいのが難問なんです

でも、オートマだっていつかは消耗して走行できなくなるだろうし
このOH技術も
もっと重要になってくるんだと思うから

どうにか受け入れ体制を作りたいとは思っているんですけれどねぇ。

エンジンがかからなくなりました。 引用
2021/7/21 (水) 13:57:36 - kb <メール送信> - FL1-119-242-87-34.kng.mesh.ad.jp [119.242.87.34] - No.1626842623

お世話になっております。
91年式NA1 ATのkbです
今日車を動かそうとしたところエンジンがかかりませんでした。
メーターの輝度がなんか暗いなぁと思いつつイグニッションキーを回しましたが
セルモーターも動きませんでした。
現在はこの状態です。
前回運転したのは3日前でそのときは何の不具合もありませんでした。

風向きについて 引用
2021/7/7 (水) 04:55:58 - 黒NSX - M014009099000.v4.enabler.ne.jp [14.9.99.0] - No.1625601358

こんばんは。
季節がら、エアコンの質問が増えて来たように感じられます。

私もエアコン(風向き)にいての質問になります。
1991年式・ベースグレードを所有しています。
最近気づいたのですが、風向きをどこに合わせても足元から常時少し出ている状態です。
足元に合わせると、少し出ている状態のまま(弱い)。
足元への風向き調整が出来ていないと思われるのですが、修理にはどれくらいかかるのでしょうか?
DIYで出来るレベルなら、自分でやって見ようかとも思うんですが。


全 743 件    ページ[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 .. 最後 | ] 上へ


MiniBBS-EX 2.00